武器輸出のデメリットと国際関係 ~日本は潜水艦を豪州へ売却できるのか~

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】

仕事が一段落して本当に体が軽いです。

しかも『消費税廃止への進撃』の出版も一段落しました。
一応、宣伝も各方面に依頼しましたので、何とかなると思います。

その影響だと思いますけど、精神的な解放感がすごい(笑)

最近ではめったに書かなくなってしまった時事的問題を書きます。

以下は各報道機関のサイトより(様々なメディアから情報を引っ張りました)
~~~以下は各報道サイトより~~~

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0I51R420141016

豪潜水艦建造で日本の協力要請、優れた静穏性に関心

2014年 10月 17日 00:03 JST
潜水艦建造 オーストラリア
[東京 16日 ロイター] - 豪ジョンストン国防相は16日、日本の江渡聡徳防衛相と会談し、オーストラリアが計画する潜水艦建造への協力を要請した。

オーストラリアはかねてから日本の潜水艦技術に関心を示していたが、公式に打診したのはこれが初めて。水面下で進んでいた潜水艦の日豪協力が本格的に動き出す。

防衛省の報道官によると、会談の中で日本側は、どのような協力ができるか検討すると応じたという。オーストラリアからの具体的な要望を踏まえ、協議を進めていく。

6隻の潜水艦を保有するオーストラリアは、2030年ごろに世代交代を計画。しかし独力で建造する能力に乏しいため、静穏性に優れた日本の潜水艦技術に関心を示していた。

これまでに両国は非公式に協議を重ねており、複数の関係者によると、オーストラリアは日本に建造を発注し、完成品を輸入することを有力な選択肢としている。

海外での建造案にはオーストラリア国内で反発が強まっているが、アボット首相は16日、地元経済への影響という観点から判断することはないと強調。メルボルンで記者団に対し、「オーストラリアの特定の地域、特定の企業にとって何が最良かではなく、軍にとって何が最良かという基準で決めなくてはならない」と述べた。

日本は4月に武器の禁輸政策を見直し、一定の条件を満たせば輸出や他国との共同開発を認める防衛移転三原則を導入した。オーストラリアへの輸出が実現すれば、完成品を海外に売却する初のケースとなる。日本は装備品の協力を通じ、オーストラリアとの安全保障関係を強化したい考え。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014101700654

日本の潜水艦導入に意欲=「対中リスク」懸念も-豪

 【シドニー時事】オーストラリア政府が、計画中の次期潜水艦として、海上自衛隊の「そうりゅう」型潜水艦の導入に意欲を示している。ただ、豪国内には「対中リスクがある」との不安がくすぶるなど、実現には障害も残っている。

 ジョンストン国防相は16日、江渡聡徳防衛相と東京都内で会談し、日本の潜水艦技術の移転に向け協議に入ることで合意した。老朽化したコリンズ級潜水艦の後継として、ディーゼルエンジンの潜水艦では世界最高水準のそうりゅう型の購入や共同開発が有力な選択肢として浮上しているもようだ。

 日本政府は今年4月、「武器輸出三原則」に代わる「防衛装備移転三原則」を閣議決定し、武器輸出を可能にした。豪政府が導入を計画している10隻で200億豪ドル(約1兆8600億円)以上と推定される潜水艦輸出が決まれば、初の大型案件となる。ただ日本側には、軍事機密が詰まった潜水艦技術の海外移転を警戒する声がある。
 豪州内にも、日本との軍事協力は中国を刺激し、「地政学的リスクを伴う」(豪戦略政策研究所)との慎重論がある。政財界からは、雇用維持のため国内建造を求める声も根強い。(2014/10/17-16:33)

http://www.xinhuaxia.jp/social/49305

豪政府関係者、中豪関係を損なうと日本での潜水艦造船に反対

 オーストラリアサイト「オーストラリアン・ニュー・エクスプレス・デイリー」(中国語版)は14日AAP通信の報道を引用して、南オーストラリア州のマーチン・ハミルトン・スミス防衛産業相の話を伝え、日本で新型潜水艦を造船することは中豪関係を損なう可能性を示唆した。オーストラリア政府はコリンズ級潜水艦6隻の代替案を最終的に決定していないが、日本が潜水艦造船を請け負うことを示す徴候が多くあるという。

 南オーストラリア州政府は、南オーストラリアで潜水艦を造船するという公約を破ると、数千の雇用が消えてしまうと警告を発した。マーチン氏は、日本で潜水艦を作るならば、オーストラリアにとって最大の貿易相手国である中国の反感を買う可能性を示唆し、「潜水艦造船場所に関する決定を公表するまでに、中国との関係に慎重に注意深くしなければならない。中豪間の協力関係は非常に重要だからだ」と指摘した。

 南オーストラリア州のペニー・ウォン上院議員(労働党)は、連邦政府は、大量の雇用を海外に移転しようとしており、これはオーストラリアの子々孫々の生計に関わると糾弾したが、労働党が与党になれば、日本と結んだ潜水艦造船契約を履行するかどうかは触れていない。キム・カー上院議員(労働党)は、契約を締結すれば必ず守ると指摘した。

 南オーストラリア州経済開発委員会が今週に発表した試算では、潜水艦造船を海外に任せる契約を締結すれば、国家経済は290億オーストラリアドルの被害をこうむることになる。

(翻訳 金慧)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00278917.html

日豪防衛相会談 豪州が導入計画の潜水艦共同開発へ検討で一致

10/17 01:12

 江渡防衛相は16日、オーストラリアのジョンストン国防相と防衛省で会談し、オーストラリアが新たに導入する潜水艦の共同開発に向け、検討を進めていくことで一致した。
 
 江渡防衛相は、「今後とも日豪間の防衛協力をさらに深化させていきまして、両国間の特別な戦略的パートナーシップを、さらに私自身も深化させていきたい」と述べた。
会談では、ジョンストン国防相が、潜水艦の導入計画について、日本側の協力を要請したのに対し、江渡防衛相は、「どのような協力ができるか検討したい」と応じた。
 
 また、江渡防衛相が、日米防衛協力の指針、いわゆる「ガイドライン」見直しの中間報告について説明したのに対し、ジョンストン国防相は、支持を表明し、日米豪3カ国など、多国間の協力関係の構築が、北東アジア地域の安定につながるとの認識で一致した。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141027-OYT1T50147.html

日豪の新型潜水艦共同開発、米も参加を検討

2014年10月28日 03時00分
日米豪州
【ワシントン=今井隆、ジャカルタ=池田慶太】日豪両政府が協議開始で合意した豪州の新型潜水艦に関する共同開発に、米国が加わる方向で検討を開始したことが分かった。

 日米豪関係筋が27日、明らかにした。豪州政府が、艦体は日本製、システムや兵器は米国製の導入を希望しているためだ。太平洋に面する日米豪3か国による潜水艦の共同開発が実現すれば、これまで共同訓練の段階にとどまっていた軍事面での協力関係が新段階に入ることになる。

 日米豪は11月に豪州で開催される主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)の際、7年ぶりとなる3か国首脳会談を行う見通しだ。軍事協力について協議する中で、潜水艦共同開発に関しても非公式に意見交換する方向で調整している。これに先立ち、今月16日の日豪防衛相会談では2か国間の共同開発に向け、協議を開始することで合意した。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0R22MP20140901

豪の次世代潜水艦、日本で建造 両国が協議=関係者

2014年 09月 1日 17:53 JST

[東京/シドニー 1日 ロイター] - 潜水艦の新造を計画するオーストラリアが、川崎重工業 と三菱重工業 に建造を発注し、完成品を輸入する方向で日本と協議していることが、複数の関係者の話で明らかになった。日本はオーストラリアの予算と仕様に応じた艦を造る意向で、両国は年明けにも合意する可能性がある。

日本の武器輸出は部品にとどまっていたが、実現すれば完成品を海外に売却する初のケースとなる。

    <開発リスクを敬遠>

オーストラリアは2030年代初めに潜水艦の世代交代を計画。しかし、独力で設計・建造する能力に乏しく、1)完成品を輸入、2)他国からライセンスを取得して自国で生産、3)エンジンだけを輸入して自国で生産、4)他国の技術協力を仰ぐ──のいずれかを検討している。

複数の日豪関係者によると、最有力案として議論しているのが完成品の輸入。オーストラリア政府の依頼を受けた米ランド研究所は昨年、国内での建造には設計者と技術者1000人が必要との試算を報告した。実際に動員できる5倍以上の規模だった。

財政支出の削減に取り組むオーストラリアは、最も効率的な手法で潜水艦を調達したい考え。かねてから技術導入先として関心を寄せていた日本に建造を発注する案が優勢になりつつあるという。

「オーストラリアは自国で開発して失敗するリスクを取りたくない」と、日豪間の交渉を知る関係者は言う。「完成品で最も良い潜水艦はどこかと探したら、日本のものだった」と話す。

今年7月に豪国防省がまとめた報告書は、潜水艦の建造計画について「国内で建造すべきかどうか重要な議論が行われている。この問題は利点だけでなく、コストやリスク、スケジュールも勘案しなくてはならない」と、海外で建造する可能性を示唆している。

    <日本の関係者が施設を視察>

日本のそうりゅう型潜水艦はディーゼルエンジン型として世界最大。潜航期間が2週間程度と長い上、静穏性に優れているのが特徴で、敵に見つかりにくいとされている。オーストラリアは現有のコリンズ級よりも大きな4000トンクラス、海中での航行距離が長いディーゼル潜水艦を求めており、条件に一致する。

しかし、そうりゅう型は1隻およそ500億円と価格が高く、オーストラリアの予算を上回る。日本側も、潜水艦という秘匿性が高い防衛装備品で全く同型のものを輸出することには海上自衛隊が難色を示している。

関係者によると、日本の防衛省はオーストラリアの予算と要求に合わせて仕様を変えた潜水艦を提案する見通しだという。

両国は現在、月に1度のペースで協議を重ねている。8月中旬には防衛省幹部と川崎重工、三菱重工の関係者がオーストラリアを訪れ、アデレードにある関連施設などを視察した。

オーストラリアは来年前半に見直す国防白書に、建造する潜水艦のタイプや隻数を盛り込む予定。関係者によると、協議が順調に進めば両国は年明けにも合意に至る可能性があるという。

「オーストラリアと日本の協議は加速している」と、関係者は話す。

ロイターの取材に対し、日本の防衛省は「二国間の防衛協力の強化に向け、装備技術協力についても様々な意見交換をしているが、具体的な回答は差し控えたい」とコメント。川崎重工と三菱重工は両社とも、政府が決めることであり、「コメントする立場にない」としている。オーストラリアの国防省は「設計、建造についてまだ何も決まっていない」との見解を示している。

 <トヨタ撤退以上のインパクト>

問題は、海外で建造する案に対し、オーストラリア国内で反発が強いことだ。潜水艦の整備施設がある南オーストラリア州のマーチン・ハミルトン・スミス防衛産業相は、フォード・モーター やトヨタ自動車 、ゼネラル・モーターズ が生産から撤退した以上に政治的な議論を呼ぶと警告。経済的な影響も大きいと指摘する。

同相によると、南オーストラリア州で防衛産業に携わるのは2万7000人。うち3000人が造船業に関っている。次世代潜水艦の建造は、30年間で2500億豪ドルの経済効果が期待できるという。「海軍と連邦政府が決めることとは承知している。しかし、日本、ドイツ、スウェーデン、どこの国と組もうが、ここで造ることは譲れない」と、同相は言う。


一方、日豪の関係者によると、オーストラリア政府は整備を国内で手がけることを考えているという。


日本は4月に武器の禁輸政策を見直し、一定の条件を満たせば輸出や他国との共同開発を認める防衛移転三原則を導入した。これまでに決まった主要案件は、米国へのミサイル部品の輸出と、英国との戦闘機用ミサイル共同研究。海難飛行艇US2の輸出や現地生産をインドと協議しているが、まだ最終合意に至っていない。 (久保信博、ティム・ケリー、マット・シーゲル 編集:田巻一彦)


~~~~以上、各報道サイトより~~~~

コピー&ペースト・・・ (o´Д`)=з 疲れた・・・
まとめますと以下になります。

豪州が日本に潜水艦建造に関する協力を正式に要請した。
日本が本格的に武器輸出へ前進しようとしている。
米国もこの流れに賛同している。参画する可能性も。
豪州国内には反発もある。

日本側の事情と豪州側の事情を分けて書きましょう。

豪州側の国内事情と対外的状況

◆豪州はコリンズ級潜水艦の旧式化への対応と中国牽制という難問を抱えている。
◆その2つの目的を同時に達成するため、大型の非核動力潜水艦の建造計画を進める必要がある
◆豪州国内での潜水艦建造は不確実性が高く、なおかつ費用対効果が悪い
◆大型の非核動力潜水艦である日本の『そうりゅう』型の完成版を輸入する案が有力となっている
◆政権与党は選挙の際の公約で「潜水艦の国内建造」を掲げていた
◆豪州国内では日本から潜水艦を購入することに対する反発がある
◆反発とは具体的には「国内技術者の雇用が失われること」「中国との摩擦の激化」である


日本の事情
●豪州のとの関係強化は、暴走する中国への牽制のために必要である
●経済的な結びつきだけではなく、軍事的な協力が不可欠である
●武器輸出解禁により、正々堂々と武器を輸出することが可能となった
●「軍事秘密の宝庫」である潜水艦を輸出することにより、技術流出や軍事秘密の流出が懸念されている
●今後、中国の海洋進出に対応するため、日本独自で潜水艦を増強する必要がある
●潜水艦の輸出は、長期的には潜水艦建造能力の強化を意味する
●潜水艦の輸出により、民間企業の収益が増える

参考:日本からの潜水艦導入を巡るオーストラリアの事情
こちらも参考:オーストラリアが日本の潜水艦に関心を持つワケ

ここで浮かびあがってくるのが「武器輸出のデメリット」です。

ネット上では武器輸出三原則の緩和は概ね歓迎されているようですが、私はちょっと違う見方をしていました。

おそらく、武器輸出に伴うデメリットで苦しむ日が来るのではないかと。

来ちゃいましたね。

武器輸出のデメリットを挙げましょう。

1、軍事技術の流出
2、兵器性能の暴露
3、短期的な供給能力の低下


はて? とお思いの方もいらっしゃると思いますので、簡潔にまとめます。

1について説明します。

言わずもがなといった感じでしょうかね。

武器や兵器を輸出するということは「物品」が相手国に届けられるので、分解されて高度に分析されてしまうことがあるわけなのです。

相手国でのライセンス生産となるとなおさらですよ。

これは立派なデメリットでしょう。

軍事技術が相手国に流出することによって、国際兵器市場におけるライバルを育成してしまうかもしれません。

2について説明します。

武器や兵器を輸出するということは相手国によって運用されるということです。

今までベールに包まれてきた武器・兵器の性能が完全に把握されてしまいます。

その性能が仮想敵国に露見したらどうなりますかね? 国益の毀損ということになります。

武器輸出しないことのメリットと重複しますが、兵器性能の秘匿ができなくなるのです。

3について説明します。

これは完成品を輸出する場合に問題になります。

我が国日本の技術力を以てしても、潜水艦なんて高度な兵器をポンポン量産はできないわけですよ。

つまり、供給能力が一時的にダウンしてしまうというデメリットにもなりえます。

戦争が勃発して、大量に潜水艦が必要になった場合には困ってしまいます。

潜水艦を建造したくてもできないという事態になるかもしれません。

【反逆する武士の私見】

以下は「で? 結局どうすればいいの?」という疑問に答えます。

結論⇒完成品を輸出しましょう。
ただし、モンキーバージョン(型落ち版)としての豪州仕様潜水艦を設計することとしましょう。

つまり、やや性能を落とした潜水艦の完成品を輸出することになります。
日本と豪州の間には秘密保護協定がありますので、軍事秘密の流出は最小限になります。

短期的な潜水艦建造能力の低下を犠牲にしてでも、長期的な潜水艦建造能力の確保を優先しましょう。

開発、建造、保守、点検という段階を何回か経験しないと人材は育成されません。

生産数の増加による生産費用逓減も生じますので、日本にとってメリットが大きいと思います。

さらに、申し上げるのであれば、中国の暴走を食い止めるためにも豪州を中国包囲網へ引き入れることは国際政治的に意義深いことです。
日本の潜水艦と豪州の潜水艦がともに中国の艦隊を撃破するというわくわく展開も現実味を帯びてきます。

完成品の売却によって得られた利益を、潜水艦強化のために投資するべきです。
そうすれば、豪州政府の技術力向上に対抗することも可能です。

豪州への配慮として、整備保守作業は豪州技術者に任せましょう。

世界最高峰の潜水艦の整備をするだけでも技術レベルの向上が見込まれます。

豪州国内雇用喪失のダメージを最小にするべきです。

豪州首相に申し上げる!
あなたが守るべきは公約ではなく、国益だ!

このように直言して、アボット首相にエールを送ってもいいのではないでしょうか。

私の思い通りになるとは思いませんが、是非とも賢明な決断をお願いしたいです。

以上、よろしければクリックをお願い致します。


人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト




反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄かrebelbushi@gmail.comまで情報をお寄せください。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR