【再掲載】原子力基本法に「我が国の安全保障に資する」との目的が追加されたそうです。そりゃそうだ!核武装を推進せよ!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本日は再掲載です。すみませんorz

以下は東亜日報より

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2012062272878


北朝鮮の核を根拠に「核武装」に進もうとする日本


JUNE 22, 2012 07:37
朝日新聞も、「(原子炉で)プルトニウムを抽出する再処理方式を固守する日本が『安全保障』という言葉を使えば、国際社会が疑わざるを得ない」と指摘した。

日本初のノーベル賞受賞者の湯川秀樹らが創設した知識人の集まり「世界平和アピール七人委員会」は19日、「実質的な軍事利用の道を開く可能性を否定できない」「国益を損ない、禍根を残す」とする緊急アピールを発表した。読売新聞や産経新聞などの保守寄りの新聞は、関連内容を報道しなかった。


日本政府と政界はこれまで、約束でもしたかのように一体となって、再武装の障害を次々に取り除いてきた。日本は20日、原子力規制委員会設置法と共に通過させた改正宇宙航空研究開発機構法で宇宙航空研究開発機構(JAXA)の活動を「平和目的」に限定した条項を変更し、宇宙活動の防衛利用への参加を可能にした。昨年末には、武器輸出を事実上禁止した「武器輸出三原則」を緩和した。戦争と軍隊保有を禁止した憲法9条の精神に反して、着実に再武装の道を歩んできたのだ。自民党は今年4月、正式軍隊である「国防軍」を保有し、天皇を「国家元首」とする内容の改憲案を発表している。


日本再武装の原動力は、北朝鮮の核武装とミサイル発射だ。北朝鮮の核武装が韓国に役立つという一部左派の主張とは正反対の結果が起きている。日本は、98年に北朝鮮がテポドンを発射した後、小泉純一郎政権の下、1兆円(約14兆6000億ウォン)のミサイル防衛システム(MD)を導入した。09年に北朝鮮が銀河2号を発射した翌年には、動的防衛力概念を初めて導入した「新防衛計画の大綱」を発表し、潜水艦や戦闘機など先端兵器への投資を大幅に拡大した。菅直人首相(当時)は、「韓半島の有事の際、自衛隊の派遣を検討する」と明らかにした。今回の改正宇宙航空研究開発機構法も、北朝鮮が3月に打ち上げに失敗した銀河3号と無関係ではない。日本は、北朝鮮の核開発やミサイル発射に対抗して、MDの性能を高めるための偵察衛星や早期警戒衛星の研究開発を推進している。


中国の軍事力と覇権主義が急速に拡張している一方で、日本の安全に全面的に責任を負う米国がアジア太平洋地域で経済的、軍事的影響力を失いつつあるということも、日本の危機意識と再武装の動きを煽っている。


日本の核武装が現実化すれば、東アジアの核秩序は崩壊する。台湾やフィリピンなど、これまで米国の核の傘に依存してきた周辺国が一斉に核武装に乗り出し、核ドミノが広がる恐れがある。このため、実際に日本が核武装に向かう状況は非現実的という見方が優勢だ。東アジアの緊張が米国の国益に合致しないばかりか、国際原子力機関(IAEA)の査察など、強力な国際社会の制裁を受けることになるためだ。


波紋が広がると、日本政府は、原子力規制委員会設置法が核武装を意識したものではないと説明し、火消しに乗り出した。藤村修官房長官は記者会見で、「原子力の軍事転用はない。原子力の平和利用の原則、非核三原則(核兵器をもたず、つくらず、もちこませず)は揺るがない」と述べた。細野豪志原発事故担当相も、「核不拡散、テロ対策の観点から安全保障に深く関わるので加えられた文言だと考えている」と強調した。


法案作成の中心となった自民党の塩崎恭久衆院議員は、「核の技術を持っているという安全保障上の意味はある」と指摘。「日本を守るため、原子力の技術を安全保障からも理解しないといけない。(反対は)見たくないものを見ない人たちの議論だ」と主張した。






以下は毎日新聞より
http://mainichi.jp/opinion/news/20120623k0000m070110000c.html


社説:原子力基本法 「安全保障目的」は不要

毎日新聞 2012年06月23日 02時32分


 原子力行政の憲法とも言うべき原子力基本法に「我が国の安全保障に資する」との目的が追加された。

 真意はどこにあるのか。将来、核兵器開発に道を開く拡大解釈を招かないか、原発をはじめとする原子力の開発・利用の有効性を強調する意図なのか−−などなど、さまざまな臆測を呼んでいる。

 日本は非核三原則を国是とし、歴代政権は核開発の可能性を否定してきた。基本法は原子力の研究、開発、利用を「平和の目的に限り」とし、「民主・自主・公開」の原則を掲げている。「国の安全保障」をうたう狙いはこうした方針の転換ではないか、との疑念を生みかねない。

 藤村修官房長官は「平和利用の原則は揺るがず、軍事転用の考えは一切ない」と強調した。当然である。だが、そうであれば、誤解を招く表現は避けなければならない。「安全保障」部分の削除を求める。

 問題の表現は、20日に成立した原子力規制委員会設置法の付則に盛り込まれた。当初の政府案にはなかったが、民自公3党の協議で議員立法で成立を図ることになり、自民党の主張によって加えられた。法案の国会提出から実質4日間のスピード審議である。「安全保障」目的について議論が尽くされたとは言えない。規制委設置のための法律、しかもその付則によって基本法を改正するやり方にも、大いに疑問がある。




以下は読売新聞より
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120622-OYT1T01151.htm


「日本ついに核武装の道」韓国各紙警戒感あらわ

 【ソウル=門間順平】今月20日に成立した原子力規制委員会設置法の付則に、原子力の利用目的として「安全保障」の文言が盛り込まれたことに対し、韓国各紙は22日、「日本、ついに核武装の道を開いた」(朝鮮日報)など、警戒感をあらわにした記事を掲載した。


 東亜日報は社説で、「日本が核の軍事利用の可能性を払拭できなければ、国際社会が北朝鮮とイランの核開発をストップさせようとする名分を失う」と指摘。中央日報は、「日本が核武装すれば、韓国も(核武装を)せざるを得ない。誤解の余地のないよう、表現を正すことを望む」と主張した。

 韓国外交通商省の韓恵進ハンヘジン報道官は21日の定例記者会見で、「真意と今後に及ぼす影響を鋭意注視している」と述べた。

(2012年6月23日07時32分 読売新聞)


ハイ!来ましたよ!

日韓コラボの反核武装勢力の跳梁跋扈が来ましたよ。

いいじゃないですか? 安全保障に資するとか書いたって。

むしろ今まで書かなかったことが問題なのですよ?

核武装するためにも必要なことですからな。着実な一歩ですよ。

これと同時に核兵器転用可能なプルトニウム生産のための黒鉛炉もしくは重水炉を建設してほしいですな。

日本はこれまでの原子力発電で生産したプルトニウムと高速増殖炉「常陽」がございますし、再処理工場をもっておりますので、今すぐに必要というわけではありませんが、今の内から準備しておくべきでしょう。

しかし、韓国もふざけたことおっしゃるのですね。

モロ内政干渉じゃないですか(いつものことだから仕方ないちゃ仕方ないのですがね)

こういうふざけた輩には断固反論しなければなりませんね。

以上、クリックよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ
モッピー!お金がたまるポイントサイト





反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄かrebelbushi@gmail.comまで情報をお寄せください。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR