地方議会からの声に耳を傾けよ 消費増税へ反対を届けよう

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】
本日は消費税に関するブログ記事です。

最近は「モッピー」で稼いだポイントをアマゾンギフト券に交換して参考文献を購入しています。

次回作への布石を打っています。お楽しみに。

『消費税廃止への進撃』の加筆修正をどんどん行っている影響により、精神的にヘロヘロでございます。
経済関係のがっつりエントリーが書けない状況が長く続いておりますが、ご容赦ください。

~~~~以下は朝日新聞電子版より~~~~~~
http://digital.asahi.com/articles/ASGCH6F29GCHPTIL016.html?_requesturl=articles%2FASGCH6F29GCHPTIL016.html&iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASGCH6F29GCHPTIL016

消費税10%「反対」「慎重に」 80議会が意見書可決

2014年11月30日19時30分

 消費税率が8%に引き上げられた4月以降、全国で少なくとも80の地方議会が10%への引き上げに反対する意見書を可決した。安倍晋三首相は10%に引き上げる時期を1年半先送りし、2017年4月とする考えを表明。衆院選ではアベノミクスの効果が届きにくい地方の声も焦点となりそうだ。

 朝日新聞が地方議会や財務省、総務省などに取材し、「中止」や「慎重な対応」などを求めた意見書を調べた。意見書は安倍首相らにあてたもので、市民団体からの請願や陳情がきっかけになったものが多い。公約で「中止」や「撤回」を掲げている共産党や社民党だけでなく、自民党の足元からも疑問の声が上がる。

 目立つのは農村部の議会の動きだ。高知県内や岩手県内では15議会で可決。秋田県内は13議会、長野県内の12議会と続き、北海道や熊本県などにも広がる。

 岩手県議会は請願を受け、9月議会で「10%への引き上げ反対」とする意見書案を提出した。10月の総務委員会では否決されたが、2日後の本会議で起立採決の結果、一転して賛成多数で可決。意見書で「東日本大震災の被災地は復興途上で、増税は生活再建の重い足かせ」と指摘した。

 高知県内は全34市町村のうち15市町村で可決し、うち10市町村が全会一致だった。県議会では、共産党と旧社会党系の会派が「10%増税の中止」の意見書案を出そうとしたところ、最大会派の自民党から「『一時凍結』に修正する案にならないか」と打診があった。修正はならず否決されたが、自民党高知県連の森田英二政調会長は「先送りの意見書なら自民も乗れた」と打ち明ける。

 高知県の1人あたりの県民所得は219万9千円(2011年度)と、全国で最低水準。森田氏は「8%で苦しいという生活者が大半。都市の論理で再引き上げが決まると我々も根こそぎ信頼を失う」と、党本部に主張してきたという。

 秋田市議会も「10%引き上げ中止」の意見書を賛成多数で可決。秋田県商工団体連合会が「米の価格も暴落し、県民は消費意欲どころか消費力そのものが無くなっている」と陳情していた。

 北海道の函館市議会が6月に賛成多数で可決した意見書では「4月以降、消費税率8%に対応できないと道内四つの町でスーパーが閉店するなど、地域経済に深刻な影響が広がっている」と訴えている。

 熊本県内では宇土市議会(9月)と玉東町議会(6月)が増税中止を求める意見書をいずれも全会一致で可決した。宇土市の意見書は、4月の増税で中小企業は価格転嫁が難しいとして「これ以上の増税は、地域の中小企業の倒産や失業者増大など地域経済に壊滅的打撃を与える」とした。

 愛知県の扶桑町議会は9月、増税に慎重な対応を求める意見書を全会一致で可決。意見書では「増税のショックは想定以上の厳しさ。アベノミクスの恩恵も町民や地域経済を支える中小企業が肌で感じることはない」としている。(野上英文)

■たばこ離れ加速 農家疲弊「町の経済は冷え切っている」

 高知県西南端の大月町。役場から車で10分ほどの山あいの畑に「嫁 後継者 I WANT YOU」の巨大な看板があった。一帯は、山を切り開いた葉タバコ農地だが、雑草で荒れ地になっている畑もあった。

 四国たばこ耕作組合によると、大月町内ではピーク時の1983年に121ヘクタールで7億700万円を売り上げたが、昨年は30・8ヘクタールで1億2869万円。農家も72人から11人に激減した。

 葉タバコ農家の谷正美町議(55)は「消費税の影響が少なくない」とこぼす。葉タバコは日本たばこ産業(JT)が全量を買い上げるが、97年に消費税が5%になった後、目立って余るようになったという。消費増税後に販売価格が値上がりし、健康志向の高まりもあって、たばこ離れの加速が追い打ちをかけている。

 9月の町議会では、消費税10%への引き上げ中止を求める意見書を全会一致で可決した。議会運営委員長だった公明党の長山誠久町議(70)は「3党合意で決まったこと」といさめようとしたが、ほかの4人の委員のうち3人が賛成したため、話をまとめた。電器店を営み、地元の商工会長も務める。「みんな隣の市に買い物に出て、町の経済は冷え切っている」

 兼松照章さん(69)は3年前、「未来が見えなくなった」として40年近く続けた葉タバコの生産をやめた。今はイモやブロッコリーを作って道の駅などで売る。自宅作業場に8台残った葉タバコの乾燥機は物置になっている。「増税するなら、議員数の削減を町も国もしっかりやるべきだ。町の基幹産業が衰退して住民もおらんようなったら役場も何もいらんでね」(野上英文)

     ◇

〈地方議会の意見書〉 公益に関することで意見や意思をまとめた文書。地方自治法99条で定められ、可決すれば、議長名で首相や国会、関係省庁に提出できる。住民から議会への請願や陳情をもとに議員が提案することもある。意見書に法的拘束力はないが、住民の代表である議会の総意として尊重される。

~~~~以上、朝日新聞電子版より~~~~~~

地方議会はしっかりと民意というものを汲み取っているようです。

地方議会の意見書がこんなに出てくるとは・・・消費税というのは恐ろしいですね。

このように具体例を出しながら消費増税の恐怖を宣伝するというのは効果的だと思います。

地方議会の議員さんで私の『消費税廃止への進撃』を読んでくれれば楽なんですがね。

消費増税を訴える議員を説得するための武器になると思いますので。
地方活性化のためには『消費税廃止』が妥当だと思います。

消費増税でこれだけの被害が出ているということは、消費税廃止の恩恵が必ず地方に届きます。
消費増税という人災を賢明な人の決断で跳ね返すべきです。


地方への公共事業を増やし、地方公務員の増員でしっかりとした景気対策を講じるべきだと思います。

以上、短稿ですが、クリックをよろしくお願い致します。励みになります。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、消費増税(税率10%)が今年中に決断されようとしている中、政治家への陳情を真剣に考え実行しようとしていて、理論武装が必要な日本国民
4、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
本書はかなり荒削りな状態で出版されました。
したがって、2014年12月8日に大規模な加筆修正を行います。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
図表の挿入が不十分な点がございます。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万6000字⇒6万字ぐらいになる予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR