【再掲載】欧米諸国が脱露へ向かう  ロシアの弱みに最大限つけ込むべし  天然ガスを安く買い叩け!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】
本日は再掲載です。
不眠で疲れてしまった・・・

~~~~~~以下はMSN産経ニュースより~~~~~~

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131117/erp13111712000001-n1.htm

露からの離脱 強まる圧力 モルドバ ガス供給新たなルート確保へ西武 モルドバ
2013.11.17 12:00 [鼓動]

モルドバ西部ウンゲニのワイン製造工場で、商品にラベルを貼る女性従業員。モルドバ産ワインはロシアの禁輸措置が続いている(佐々木正明 撮影)


 欧州か、ロシアか-。旧ソ連邦のモルドバが将来の国のあり方をめぐり、揺れている。現政権は今月末に開かれる東方パートナーシップ首脳会議で、欧州連合(EU)との結びつきを深化させる協定の締結を目指す。実現すればこの国を長らく影響下に置いたロシア(ソ連)の地域圏から離脱、欧州への統合に大きく前進するが、対するロシアはモルドバへの圧力を強めている。(キシニョフ 佐々木正明、写真も)

 ソ連時代からドナウ川の支流を境界にして国境検問所が置かれてきたモルドバ西部ウンゲニ。人口約4万人のこの街が今、ロシアとEUが勢力圏を争う場所として脚光を浴びている。

 モルドバの独立記念日にあたる8月27日、郊外で同国のリャンカ首相、ルーマニアのポンタ首相、EUの執行機関・欧州委員会のエッティンガー委員(ドイツ出身、エネルギー担当)が出席し、モルドバ・ルーマニア間に敷設される天然ガスのパイプラインの着工式典が開催された。

 総工費2800万ユーロ(約37億円)。EUはうち4分の1を拠出する。パイプラインは来年末までに完成予定で、将来的にはモルドバの総需要の3分の1のガス供給が可能になるという。

ロシアに天然ガスを100%依存するモルドバにとって、初めて露以外の供給元の確保が現実のものとなる。ウンゲニのアンブロス市長は「パイプラインは国家を欧州への統合に導く象徴的な事業になるだけでなく、われわれの生活を保障する極めて実用的な計画でもあるのだ」と力説する。

 これまで、ロシアとウクライナ間で繰り返された「ガス紛争」に、ウンゲニなどモルドバは度々苦しめられてきた。ウクライナの料金不払いが主要因となってロシアがガスの供給を停止し、そのパイプラインが通るモルドバも大きな余波を受けたのだ。

 エッティンガー氏は式典で「今日は歴史的な日だ」と持ち上げた。まさに独立記念日にスタートを切った「ロシアへのエネルギー依存からの独立」を狙うこの事業は、モスクワへの強烈なメッセージとなった。

□ □

 モルドバの欧州接近へ危機感を強めるロシアは圧力をかけた。9月、首都キシニョフを訪れたロゴジン露副首相は「モルドバはこの冬、凍えることになるかもしれない」と警告した。

 キシニョフの地元紙のカブルク編集長(32)は、ルーマニアからのパイプライン計画が、モルドバのエネルギー問題を好転させるという見方は「神話にすぎない」と主張する。

 ルーマニアは国内の余剰ガスを供給するのだが、そもそもルーマニアもロシアからガスを輸入しており、ロシアの影響下から完全に脱することはできない。

さらにパイプラインはウンゲニ止まりで、苦しい財政事情から、国内にガス網を敷設する余裕はない。このため、カブルク氏は「少なくとも、モルドバのガス事情は今後10年は変わらないだろう」と予測する。

 露政府は、モルドバの主要輸出品のワインも「圧力カード」(外交筋)として用いた。パイプライン式典の数日後、「衛生面に問題がある」としてモルドバ産ワインの輸入を全面禁止する措置を発表したのだ。

 ウンゲニでワイン会社を経営するショーバ社長(59)は「大きな打撃だ」と語り、すでに他社が工場閉鎖や人員削減に追い込まれていると明かす。

 その上で、「ロシアのワイン市場に代わる有望な販売先を見つけることは容易ではない」と訴える。

 こうした結果、EUと旧ソ連諸国が関係緊密化について協議する東方パートナーシップ首脳会議が今月末、リトアニアで開かれるのを前に、「モルドバは引き続きロシア圏にとどまるべきだ」と主張する現状維持派が活発なロビー活動を展開するようになっている。

□ □

 では、モルドバ国民はどう考えているのか。世論調査によると、半分以上がEUへの加盟を望んでいるという。それには訳がある。

1980年代、チャウシェスク政権下のルーマニアは困窮を極め、ルーマニア国民が食料や生活用品を求めてモルドバにやってきた。しかし90年代に入るとルーマニアはめざましい発展をとげ、モルドバとの経済格差は開く一方となった。ウンゲニ市民も対岸にあるルーマニアの大都市ヤシに買い物へ出かける。人の流れは完全に逆転した。

 歴史的に、両国は統一国家だった時期があり、言語もほぼ同じ。2007年にEUに加盟した富める隣国、ルーマニアの影響は無視できないのだ。

 ウンゲニでは、パリのエッフェル塔を設計したギュスターブ・エッフェル氏が19世紀末に手掛けた橋梁(きょうりょう)が、ルーマニア側へと渡る鉄道橋として今でも使われている。「欧州への統合はモルドバが成長するための唯一の選択肢だ」と話す統合推進派のアンブロス・ウンゲニ市長は、この歴史的建造物を世界へ積極的にPRしようと考えている。

 「エッフェル橋は、EUとわが国を結ぶ架け橋になるはずだ」。市長の夢は、今後のモルドバの選択いかんに懸かっている。



モルドバのユリエ・リャンカ首相(50)が首都キシニョフでインタビューに応じた。

 -欧州への統合をなぜ目指すのか

 「統合は、わが国に信頼できる政治制度や繁栄をもたらすだけでなく、地域の安定や安全にも貢献する」

-東方パートナーシップ首脳会議へどう臨むのか

 「(EU加盟の前段となる)連合協定や包括的自由貿易協定に仮署名し、1年以内に正式署名を行う。協定締結は、わが国の東側のパートナーにも恩恵をもたらす。反露政策ではない」

 -ルーマニアとのガスパイプライン敷設について

 「私たちの究極の目標は、欧州のガス供給システムに統合されることだ」

 -ロシアのワイン輸入禁止措置の行方は

 「ロシアへはモルドバのワインの約3割を輸出しており、この市場を失いたくない。再開に向けて全力で努力しているところだ」



モルドバ 旧ソ連邦から1991年に独立。面積は日本の九州とほぼ同じ約3万3800平方キロ。人口約360万人。1人当たり国民総所得は約1980ドル。モルドバ人が約8割を占めるが、90年に、ドニエストル地域のロシア系住民が分離独立を宣言し武力紛争に発展。停戦状態にある現在も同地域にモルドバ政府の実効支配は及んでいない。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140312/erp14031209350003-n1.htm

対ウクライナ供給停止懸念 EU、ガス「脱露」模索 制裁措置発動にも影響

2014.3.12 09:33 [ロシア]
天然ガス 購入量
 【ベルリン=宮下日出男】ウクライナ情勢で対ロシア制裁発動の構えを見せる欧州連合(EU)にとって、頭の痛い問題が天然ガスの供給をロシアに依存している現状だ。プーチン露政権はウクライナへのガス供給を停止する動きをみせており、その場合、ウクライナ経由でガス供給を受ける欧州諸国にも影響が及ぶ。20、21の両日に開かれるEU首脳会議で、ガス供給の「脱ロシア化」についても議論される見通しだ。

                   ◇

 EUのエッティンガー欧州委員(エネルギー担当)は10日付ドイツ紙ウェルトのインタビューで、ウクライナへのガス供給が停止されても「われわれは5年前より強くなっている」と述べ、欧州への影響に対する不安の払拭を図った。ウクライナへのガス供給をめぐっては、露国営天然ガス企業ガスプロムが7日、ウクライナの滞納代金19億ドル(約1960億円)を指摘し「ただでは供給できない」と打ち切りを示唆、懸念が高まっていた。

 ガスプロムは2006年と09年、契約更新などをめぐる問題でウクライナへの供給を停止。ウクライナ経由でガス供給を受ける東欧やバルカン諸国を中心に欧州は混乱した。今回、EUはロシアへの段階的な制裁方針を決めており、ガスプロムの警告は欧州への牽制(けんせい)ともみられる。

 これに対し、EUは対応の検討を開始。各加盟国のガス備蓄状況は暖冬の影響でガス消費が抑えられた結果、昨年よりも良好で、ウクライナへのガスが停止しても60日間はまかなえるとの試算もある。

欧州への輸送ルートはバルト海を通ってドイツに至る「北ルート」が稼働するなどし、ウクライナ経由の比重はロシアからの総輸入量の7割超から約5割に低下した。同様にウクライナを通らない「南ルート」のガスパイプラインの建設も進んでいる。

 ロイター通信などによると、EUではロシアがウクライナへのガス供給を停止した場合、同国経由のガスに9割近くを頼るブルガリアなどに周辺国がガスを供給することを計画。パイプラインの設備向上を受け、ガスを逆流させてウクライナに提供する案も浮上している。

 ただ、これらが長期的に機能するかは不透明な面も指摘される。現在、カスピ海地域のガスを、ロシアを通らずにトルコ経由で欧州に運ぶ「TAP」「TANAP」のパイプライン建設計画が進んでいるものの、「(ガス供給の)多様化はまだ終わらない」(エッティンガー氏)。欧州のガス需要の3割をロシアに依存する状況は当分続く。

 このため、ポーランドやチェコなど東欧4カ国は米シェールガスの輸入実現に向けた働きかけを始めた。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140319/amr14031908550002-n1.htm

欧州にガス輸出 米で機運 不安緩和・対露牽制狙い

2014.3.19 08:54 [欧州]

 【ワシントン=柿内公輔】ロシアがクリミア自治共和国の併合手続きを進める中、米国で欧州各国やウクライナへの天然ガス輸出を求める動きが活発化している。シェール革命に沸く米国には、エネルギー輸出を切り札にロシアを揺さぶるとともに、同国に資源を依存する欧州の不安を和らげる狙いがある。供給体制などで課題は残るが、制裁とともにエネルギー問題が今後の焦点となりそうだ。

 「ウクライナと北大西洋条約機構(NATO)の同盟国に米議会が救いの手をさしのべる好機だ」

 バロッソ米上院議員(共和党)は12日の上院外交委員会で天然ガス輸出の必要性を訴えた。米国は天然ガス輸出を原則、自由貿易協定(FTA)締結国に限り、非締結国向けは政府の厳しい審査を通る必要がある。米議会では最近、バロッソ氏ら複数の議員が輸出拡大に向け、承認の迅速化を促す法案を提出した。

 シェールガスの増産を受け、日本向け輸出を相次いで許可するなど輸出拡大の機運が高まっている。米石油協会など業界団体にも、商機拡大へ欧州向け輸出の拡大を求める声が強い。

 天然ガス消費量のうち、ウクライナは6割、欧州連合(EU)各国も最大で約3割をそれぞれロシアに依存する。ロシアがウクライナ向けガスの値上げを通告し締め付けを強める中、米国産ガスの輸入は苦境打開への期待につながる。英国のヘイグ外相は17日、英メディアに、「EUはロシアへのエネルギー依存を長期的に減らす方向で検討を始めた」と明らかにした。

ただ、欧州の需要を満たすだけのガス輸出には、米側は液化天然ガス(LNG)の製造工場の増設が必要で建設に数年かかる。欧州側もパイプラインなど受け入れ体制の整備が必要。欧州の暖冬で天然ガスが不足するリスクも低く、米政府は政策変更に慎重だ。

 IHSケンブリッジ・エネルギー研究所のダニエル・ヤーギン会長も米紙ウォールストリート・ジャーナルに「米国のLNGが3~4年後に欧州に輸出される可能性が、ロシアのプーチン大統領の計算を覆すことはないだろう」と冷ややかな見方を示した。

 それでも米政府は一部の戦略石油備蓄の試験的売却にも踏み切り、17日に石油大手5社が落札。エネルギー輸出を「ロシアを牽制(けんせい)する外交カードに用いたがっている」(米電力関係者)との臆測を呼んでいる。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140322/erp14032201180002-n1.htm

露、併合の国内法的手続きを完了 EUが追加制裁

2014.3.22 01:17 [ロシア]
露大統領 併合署名
21日、モスクワのクレムリンで、上下両院議長同席の下、ウクライナ南部クリミア半島を編入する文書に署名するロシアのプーチン大統領(中央)(ロイター)


 【モスクワ=遠藤良介、ベルリン=宮下日出男】ロシアによるウクライナ南部クリミア自治共和国の併合をめぐり、プーチン大統領は21日、クリミアとの間で締結した編入条約の批准を承認する法案に署名した。これにより条約は批准され、独立を宣言した「クリミア共和国」をロシア連邦に併合する国内の法的手続きは事実上、完了した。欧米とのさらなる関係悪化は不可避の情勢だ。

 条約を批准する法案は20日、下院を賛成443、反対1で通過したのに続き、21日の上院でも賛成155、反対0で可決された。大統領の法案署名で条約は発効し、クリミア自治共和国の境界線が「ロシア国境」とされた。また、クリミアでは年末までが「移行期間」とされ、ロシアの法体系に基づいた各種制度の整備が進められる。

 ロイター通信は21日、米国の駐ポーランド大使の情報として、米国がチェコやハンガリー、バルト3国など中東欧諸国とともに、ウクライナと国境を接するポーランド中部の軍事基地で大規模演習を行う計画を進めていると報じた。軍事的緊張も高まりつつある。

 これに先立ち、欧州連合(EU)は21日、ウクライナ暫定政権のヤツェニュク首相と自由貿易協定(FTA)を柱とする連合協定のうち、政治協力に関する部分を調印した。

また、EUは20日の首脳会議で、ロシア当局者の在欧資産凍結とEUへの渡航禁止の対象者を12人、追加する制裁を決めた。対象者はこれで33人となる。21日の首脳会議では、天然ガス輸入の3割を占めるロシアへの依存を減らす努力を強化することで一致した。

 一方、米国が20日に発表した対露制裁強化で、在米資産凍結の対象となった民間の「ロシア銀行」について、インタファクス通信は21日、クレジットカードのビザとマスターカードが同銀行の口座決済を停止したと伝えた。同行はロシアのエネルギー企業などとの取引が多いとされる。

 ロイターによると、ロシア外務省は21日、米国の制裁強化に「強く対応する」との声明を出し、報復する可能性を示唆した。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140325/erp14032514300008-n1.htm

ロシアからの資本流出、1~3月で7兆円に 制裁でさらに加速も

2014.3.25 14:28 [ロシア]

 ロシアのクレパチ経済発展次官は24日、今年1~3月のロシアからの資本流出が最大700億ドル(約7兆1575億円)に達したとの推計を明らかにした。ロシアによるウクライナ南部クリミアの編入に対する米欧の制裁の影響で資本流出が加速する可能性も認めた。

 英紙フィナンシャル・タイムズによると、昨年1年間のロシアからの資本流出630億ドルを既に上回っており、ウクライナ情勢をめぐる緊張が欧米資本の逃避を加速させているようだ。


~~~~~以上はMSN産経ニュースより~~~~~

MSN産経ニュースの内容を大雑把にまとめると以下のようなことになります。

1、ロシアの行動に対して危機感を持った欧州諸国は天然ガスをロシアから買いたくないので、脱露のための行動を開始している。

2、今回のウクライナ騒乱の一連の流れがロシアからの資本流出を加速させている。

3、EUはプーチン大統領などの個人に対して渡航禁止と資産凍結を行った。経済制裁としては軽微。

4、米国内においてEUへのシェールガスを輸出して、脱露への動きを助成する動きが活発化している。

5、ロシアは脱露、親EU的政策を実行しようとするモルドバへ経済制裁している。具体的にはモルドバ産のワインの輸入禁止。

報道ではEUのエネルギー事情が主に伝えられていますが、ロシアはかなり苦境に陥っていると思います。

資本流出して、天然ガスの輸出に不透明感が増し、経済成長の一層の鈍化が見込まれています。

GDP(国内総生産)における輸出が減少する可能性が高まり、資本流出による投資の減少がさらにGDPの減少に拍車をかける可能性があります。

我が国日本としましては、ロシアとの間に領土問題を抱え、天然ガスの輸入先の多角化を模索している以上、積極的攻勢に打って出るべき絶好の機会です。

ロシアの弱みにつけ込むべきでしょう。我が国日本の国益を最大限追及するべきでしょう。

資本提供とLNG(液化天然ガス)輸入増などを梃として北方領土問題の解決を迫るのです。もしくは、資本流出と欧州諸国の脱露への動きを後押しして、ロシアが悲鳴を上げるのを待つという持久戦を行うというのもいいですね。

もし、北方領土が四島一括返還が実現したら輝かしい歴史になります。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR