その空き家、危険につき 政策に感動する日が来ようとは!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~以下は毎日新聞と朝日新聞より~~~~
http://mainichi.jp/select/news/20150526k0000m040014000c.html


空き家対策特措法:26日施行「危険な空き家」強制撤去も

毎日新聞 2015年05月25日 18時48分

 危険な空き家の所有者に対し、市町村が撤去や修繕などを命令できる「空き家対策特別措置法」が26日、全面施行される。全国の住宅に占める空き家の割合は約13.5%、約820万戸(2013年、総務省まとめ)に上り、今後の人口減少に伴って更に増加する懸念がある。特措法で空き家対策に関する市町村の権限を強化し、空き家増加の抑制を図る。

空き家は、放置されて倒壊しかかったり壊れたりして危険▽ごみが放置されて衛生上問題▽治安悪化の懸念−−が指摘されてきた。400を超える自治体が空き家対策の条例を制定しているが、国も検討を進めていた。

 特措法は▽地震などで倒壊のおそれがある▽著しく不衛生で有害▽管理されず景観を損なう▽周辺の生活環境保全のため放置が不適切−−などの空き家を「特定空き家等」と定義する。

 特別区を含む市町村は特定空き家に立ち入り調査し、撤去や修繕に向けて所有者などに指導や勧告、命令することができるようになる。所有者が命令に応じない場合、行政代執行による強制的な解体・撤去が可能になる。命令に違反すれば50万円以下の過料、立ち入り調査を拒んだり妨げたりした場合は20万円以下の過料を科すこともできる。

 また、空き家の所有者把握のための固定資産税納税情報の内部利用や、空き家に関するデータベースの整備などの対策を自治体に求めている。

 住宅が建つ土地には固定資産税が最大6分の1に引き下げられる税制上の特例が空き家放置の一因との指摘もあり、自治体が所有者に勧告した時点で固定資産税の特例は解除されることになった。【坂口雄亮】

http://www.asahi.com/articles/ASH5S5CTQH5SUTIL00W.html

その空き家、危険につき 撤去急ぐ特措法26日施行

峯俊一平 2015年5月25日08時51分

倒壊の恐れや衛生上の問題がある空き家について、市町村が所有者に撤去を命令できる空き家対策特別措置法が26日、全面施行される。人口減や高齢化で全国の空き家は800万戸を超え、各地で対策が求められていた。自治体は歓迎するが、解体費の負担などの課題もある。

■住民から苦情、膨らむ代執行費用

 羽田空港に近い東京都大田区西糀谷3丁目の住宅地に、コンクリートの基礎部分が残る空き地がある。昨年5月まで、木造2階建ての無人アパートがあった。

 床面積187平方メートルで築46年。トタン屋根がはがれ、隣家の敷地や道路に落ちていた。テレビやソファなど粗大ゴミも散乱。区に2006年ごろから「危ない」と住民の苦情が寄せられ、台風前には消防が屋根の一部を撤去した。

 区は所有者に撤去を呼びかけ、十数回にわたって説得した年もあったが、応じなかった。13年4月、罰則はないが所有者に代わって危険な空き家を解体できる「空き家条例」を制定し、有識者委員会の審議をへて代執行で解体した。

 近くの70代女性は「火事なんか起こればたまったもんじゃない。みんなほっとしている」と話す。

 区に苦情が寄せられた空き家は161軒ある。河原田光建築調整課長は「新法は所有者にペナルティーを科し、行政の指導力が上がる」と話す。

 一方、秋田県大仙市の担当者は「代執行のたびに負担が膨らむ」と不安を口にする。12年3月に全国で初めて空き家解体を代執行した。これまで、小学校の通学路に接する倒壊寸前の倉庫など3件13棟を解体したが、費用は計約600万円。所有者に請求したが、支払い能力がなく、回収できたのは3万円という。

 現在、修理や解体などを所有者に求めているのは40件ある。担当者は「危険な空き家は撤去するが、市の財政は厳しい」と話す。

 北海道室蘭市の市役所前には、外壁が崩れた木造の2階建て建物が立つ。市は昨年6月、バリケードで近寄れないようにした。所有者は死亡し、相続人も相続放棄したため、代執行しても費用を回収できない。担当者は「個人財産の処分に税金は投入しづらい」と話す。

 空き家問題に詳しい富士通総研の米山秀隆上席主任研究員は「個人資産である空き家は自主撤去が基本だが、危険が迫る場合、代執行せざるを得ない場合もある。時とともに空き家は老朽化が進み、代執行前に所有者に対応を促す工夫が求められる」と指摘する。

■所有者に過料、強制解体も

 総務省によると、2013年の空き家は820万戸で、総住宅数6063万戸に占める空き家率は13・5%になった。空き家は1973年の5倍近くに増え、総住宅数の増加率を上回り、空き家率は年々高くなっている。

 放置される空き家も目立ち、13年には管理されず壊れた空き家は105万戸になった。家屋があれば土地の固定資産税を更地の最大6分の1にする優遇措置が空き家放置の原因との指摘もあり、各地からは大雪や地震による倒壊の恐れのほか、周辺環境や治安の悪化に懸念の声があがっていた。

 特措法では、市町村が①倒壊の恐れが高い②ネズミの大量発生など衛生上著しく有害③景観を損ねる④生活環境が守れない、のどれかに該当する空き家を「特定空き家」と認定。立ち入り調査し、所有者が拒むと最大20万円の過料を科すことができる。

 また、撤去や修繕の指導、勧告、命令ができ、勧告に従わないと、固定資産税の優遇措置を解除できる。命令に従わなければ、市町村が強制的に解体できる。

 市町村の役割については2月に特措法が一部施行されていたが、具体的な手続きは26日に施行される。

 国土交通省の調べでは昨年10月現在、401自治体が関連する条例を制定している。担当者は「先行する条例の内容も含んだ全国一律の手続きを作り、各自治体が対策に取り組みやすくなる」と話す。(峯俊一平)
~~~~以上、毎日新聞と朝日新聞より~~~~

このニュースを初めて見たとき、とうとう施行されたか~~~と思い、ある意味での感動を覚えました。

なぜなら、私が次々回に出版する住宅関連の書籍では空き家対策を盛り込むつもりでありまして、大変参考になる法律だからです。

さて、話を本題に戻します。

空き家が急増しており、治安維持と地域の安全確保のために、何かしらの処置が必要でした。

しかしながら、空き家は地域住民などにとっては迷惑な建築物でも、所有者にとっては財産に当たるわけですよ。財産を勝手に取り壊すとなってしまったら私有財産権の侵害に該当してしまいます。
しかも、所有者がわかりにくい現状などもございました。

この法律により、空き家の所有者を割り出して、空き家の修繕を促したり、強制的に取り壊すことができるようになりました。国家権力の介入です。こういった意味での政府介入は大賛成です。

しかも、固定資産税の優遇措置を解除できるのもすごいです。
今まで我が国日本で空き家が急増してきたのは、少子高齢化で家余りの現状とさら地で所有するよりも空き家で所有する方が税率が低かったという要因があったからです。

それが一気になくなるわけですから。素晴らしい対症療法だと思います。

ただ、懸念材料が2点ございます。

1、空き家所有者の財政的負担を増やすだけになるのでは?
2、地方自治体の財政的負担を増やすだけになるのでは?


1について述べます。
空き家所有者だって、空き家のままにしたくてしているわけではないという方もいらっしゃいます。
貸したい、売りたい、壊したいと考えているかもしれません。

デフレ不況下で貸せないし、売れないし、税金の関係上壊せないという3重苦だったのです。

税金の問題は(懲罰的な税制ではありますが)OKとしても、売れない貸せないという抜本的な問題を解決しないと、日本国民がお金を吸い上げられるだけになります。

これに関する根本治療は存在します。
詳細は後日述べますが、建替え補助金と家賃補助です。

2について述べます。
強制的に壊すことができるといっても、罰金を科せることができるとはいえ、空き家の取り壊しにはお金がかかります。

地方自治体はお金がありませんので、財政的負担が多くなってしまうのではないかと。

容易に想像できます。強制的な取り壊しは何か財政的な補助がないと積極的には行われないのではないでしょうか。

日本政府が地方自治体に取り壊しや積極的な関与を促し、補助金を出すべきでしょう。

ここらへんの話をできればまとめてしたかったのですが、本日はこれにて終了します。
すみません。本当に忙しいのです。

以上、クリックをよろしくお願い致します

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR