TPP大筋合意を受けて ~前篇~ デモではなく組織的陳情を!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】
3連休のいずれかでチャロチャロ氏への私信記事を出したいと思います。
軽い記事ではありますが、ご覧ください。(コメントありがとうございます。返信できなくてすみませんm(__)m)

最近は、油ものを食べずに生活しているせいか、体が軽くなったような気がします。
痩せたのだろうか。

それはさておき

~~~~以下はNHKニュースより~~~
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151005/k10010259701000.html

TPP交渉 閣僚会合で大筋合意
10月5日 20時39分

TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉は、アメリカ南部のアトランタで開かれている参加12か国による閣僚会合で、バイオ医薬品の開発データの保護期間など、難航していた分野で各国が折り合い、大筋合意に達しました。

アメリカ南部のアトランタで行われているTPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉参加12か国による閣僚会合は、当初、2日間の日程で始まりました。

しかし、バイオ医薬品の開発データの保護期間、乳製品の関税の取り扱い、それに、自動車分野の原産地規則を巡って、協議が難航し、日程が繰り返し延長されて、日本時間の5日まで6日間にわたり交渉が続けられました。
こうしたなか、日本政府の関係者によりますと、最大の焦点となっていたバイオ医薬品を巡って、アメリカとオーストラリアとの間の協議が合意に達し、チリやペルーなど、ほかの関係国との調整も整うなど、難航分野で各国が折り合い、TPP交渉は大筋合意に達したということです。

交渉参加12か国の閣僚らは、日本時間の午後8時20分ごろから全体会合を開き、このあと、記者会見し、交渉が大筋合意に達したことを発表することにしています。
TPP交渉は、交渉が始まってから5年半、日本が交渉に参加してから2年余りを経て、ほぼ終結する見通しとなりました。TPPに参加する12か国の経済規模は、世界全体の4割を占めていて、日本政府は、TPPはアジア太平洋地域の新たな貿易・経済活動のルールの礎になるものとして、早期の大筋合意の実現を目指してきました。
.
安倍首相「アジア太平洋の未来に大きな成果」

安倍総理大臣は、総理大臣公邸で記者団に対し、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の閣僚会合について、「先ほど、現地の甘利経済再生担当大臣から、『TPP交渉が大筋合意に達した』との報告を受けた」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「TPPは、価値観を共有する国々が自由で公正な経済圏を作っていく国家百年の計であり、政権発足後、最初の日米首脳会談において交渉参加の決断をした。以来2年半にわたって粘り強い交渉を続けてきた結果、大筋合意に至ったことは、日本のみならずアジア太平洋の未来にとって大きな成果だ。政権発足以来の大きな課題に結果を出すことができた」と述べました。

さらに、安倍総理大臣は「交渉の結果、農業分野において、米、牛肉、豚肉、乳製品といった主要品目を中心に、関税撤廃の例外をしっかりと確保することができた。農業は国の基(もとい)であり、美しい田園風景を守っていくことは政治の責任だ。生産者が安心して再生産に取り組むことができるよう若い皆さんにとって夢のある分野にしていくために、われわれも全力を尽くしていきたい。農林水産業をしっかりとそうした分野にしていきたい」と述べました。

~~~以上はNHKニュースより~~~~

※※注意事項※※
TPP大筋合意に関しては本当にいろいろ書きたいのですが、最低限書かねばならないことに絞っております。
その点をご了承いただきたいと思います。
※※注意事項※※


油断していたというのが正直な感想です。
さすがに、TPPが容易に合意に達するとは思わなかったのです。

しかし、失望するべきではありません。
むしろ、闘いの火蓋が切って落とされたと考えるべきです。

今後、TPPの大筋合意に関する情報が政府のHPなどで公開されてくるでしょうから、それを吟味してから論評するべきではないでしょうか。
ただ、それだと対応が後手後手に回ってしまうという可能性が高いのです。

ここで本日の記事で言いたいことをズバッと示したいのですが、その前に・・・・

【uematu tubasaのTPPに関する考え】

よほどの好条件でない限り、反対の立場です。
日米同盟及び、日米友好を阻害する要因となる可能性が高いでしょう。
デフレ経済下の自由貿易の推進はあり得ないと考えております。


むしろ、暫定的な保護貿易協定を締結し、内需拡大のために政府支出拡大に舵を切るべきだと考えております。
以下は参考記事
【再掲載】TPPよりPTA 自由貿易協定止めて保護貿易協定結ぶべき

【uematu tubasaの過去の具体的行動】
:【陳情】熊谷大参院議員の地元事務所に訪問しました。TPP反対の陳情書を提出しました。

【陳情】西村明宏衆院議員の地元事務所に訪問しました。TPP参加反対の旨を強く訴えました。

私のブログを初期から見続けている方にはおなじみですが、私は国会議員事務所に陳情してきたという具体的な行動を実践してきました。
今回の新安保法制の時のようなデモでは効果が薄いと考えているからです。

実際に国会議員もしくは秘書の方と対峙して、調略するという方法が効果的だと考えます。
なぜかって? メール、電話、FAX、SNSという媒体がある現代だからこそ、面と向かって苦言を呈すという方法がインパクトがあるからです。

直接会うという方法以外は軽く流されてしまうことが多いのです(全部が全部というわけではありませんが・・・)

でも、こういった方法を個人で行うには限界があります。
丁寧な対応をされて、御終いということになってしまいます。

【本日の記事で一番言いたいこと】
これはもう、主義主張、党派、保守とか左翼だとかいってられません。
賛同できる人間には賛同していただき、組織行動するべきなのではありませんか?
デモではなく、国会議員の事務所への陳情をメインにTPP反対を実施するべきではありませんか?

私が組織を立ち上げてもいいのですが、問題が2点あります。

1、反逆する武士の影響力が小さすぎる
2、さすがに時間がない


1については言わずもがな、影響力が小さい人間が何をしてもムーブメントを起こすことはできません。

2については大変心苦しいですし、以下に宣言することとの関係もあり、時間がないのです。

したがって、人気ブログランキング政治経済部門の上位10位以内の人間に声を変えて、簡単でもいいから組織立ち上げを打診してみたいと思います。

その場合、サポートであれば、可能な限りやらせてもらいますし、私が代表者として名を連ね、永田町に陳情しに行ってもよいと考えております。
そうすれば、実際に動くのは私だけということでもよいです。陳情するには何らかの肩書きが必要ですから。
もちろん、組織を立ち上げるのは容易ではありませんし、華麗に無視される可能性が高いのも重々承知の上です。

もしくは、既存の団体に加入して、陳情を行えるように許可いただくという方向でもよいと考えています。
そこらへんは柔軟に対処していこうかなと(*^_^*)

【uematu tubasaが考える今後の具体的行動】
1、TPP反対を訴える電子書籍の出版
2、国会議員への陳情
3、TPP違憲裁判への参加
4、自民党支持母体への離反工作
5、安倍降ろしを仕掛ける


さて、本日はこのへんで。詳しい話は明日にします。

【uematu tubasaの本音】
TPP反対というのは勝ち目のない戦いである可能性が高いです。
しかし、私はなんとしても一太刀浴びせたいわけです。

千万人と雖も吾往かん

どんな強大な敵にだって、私は挑みます。
例え、私の考えに賛同する人間が一人もいない状況でも私は挑みます。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR