【祝】経済制裁解除!イランから原油を大量に買い付けて、失った権益を取り戻せ!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~以下はNHKニュースより~~~
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160117/k10010374851000.html

イラン経済制裁解除を決定 6か国と共同声明
1月17日 6時34分
核合意 イラン 共同声明

イランの核開発問題の解決に向けて、去年、最終合意に達した欧米などの関係6か国とイランは16日、共同声明を発表し、核開発の制限が確認されたことを明らかにしました。これにより、イランの核開発に関連する経済制裁が解除されることになります。

欧米側とイランは去年7月、イランが核開発を制限したことがIAEA=国際原子力機関によって確認されれば、欧米などが経済制裁を解除するという最終合意に達しており、イランは核兵器の原料になり得る濃縮ウランの国外への搬出などに取り組んできました。

16日、IAEAの本部があるオーストリアのウィーンで、6か国側の調整役を務めるEU=ヨーロッパ連合のモゲリーニ上級代表とイランのザリーフ外相が会談し、その後、共同声明を発表しました。
このなかで、双方はIAEAによって核開発の制限が確認されたことを明らかにし、「きょう、イランの核開発に関連する経済制裁は解除される」と述べました。

一方、アメリカのオバマ大統領も16日、イランの核開発に関連する経済制裁を解除するため大統領令を出しました。
イランの核開発問題は「中東最大の火種」と言われ、経済制裁を強める欧米などに反発したイランが、原油の主要な輸送路であるペルシャ湾のホルムズ海峡の封鎖を示唆するなどして、軍事的な緊張も高まりましたが、発覚から14年目で大きな節目を迎え、この問題で孤立を深めたイランの国際社会への復帰に弾みがつくことになります。
.
天野事務局長「たくさんの人が懸命に努力」

IAEA=国際原子力機関の天野事務局長は16日、オーストリアのウィーンにある本部で声明を読み上げ、イランが核開発を制限する取り組みを行ったと発表しました。その中で天野事務局長は「IAEAの現場の査察官が、イランが最終合意で求められていたすべての取り組みを実施したことを確認した」と述べました。そのうえで、「これは重要な日だ。たくさんの人が懸命に努力し、長い道のりだった。合意を履行するにあたって、今後も同じように努力をしていかなければならない」と話しました。

国際社会から歓迎や警戒の声

イランの核開発問題で最終合意に基づく核開発の制限が確認され、経済制裁の解除が決まったことについて、国際社会からは、脅威が軽減されたとして歓迎する意向が示される一方、引き続き注意深く監視する必要があるという根強い警戒感も残っています。

国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長が、「核の拡散という国際社会の懸念を前に、対話と忍耐によってもたらされた成果であり、中東にとどまらず世界の平和と安定に寄与することを希望する」という声明を発表するなど、国際社会からは歓迎する意向が示されました。

一方、アメリカのケリー国務長官は、イランに対する懸念がなくなったわけではないとして、今後もイラン国内の状況を注意深く監視していく必要があるという考えを示しました。

また、イランと敵対するイスラエルのネタニヤフ首相は声明で、「イランは核武装の野心を捨てていない。イスラエルは自衛のために必要なことは何でもやる」と強調し、イランをけん制しました。
中東では、イランと外交関係を断絶したサウジアラビアなども、国際社会との対話を進めるイランの影響力が増すことに警戒感を強めていて、この地域の新たな火種となっています。

岸田外務大臣は、「政府は、最終合意が履行の段階に至ったことを歓迎するとともに、その履行を積極的に支援していく。また、国連安全保障理事会の決議の規定に基づく措置を速やかに実施する」とするコメントを発表しました。そのうえで、「日本として、この重要な進展を契機として、イランとの伝統的友好関係を一層強化していくとともに、最終合意の着実な履行に積極的に協力し、イランが地域・国際社会との信頼醸成を進め、中東地域の平和と安定の実現に向け、一層の役割を果たすよう、後押ししていく」としています。

イランへの制裁は日本にも影響

日本は、原油の輸入量の1割以上をイランに依存してきました。しかし、核開発を進めるイランに対して、欧米などが制裁を一段と強めるなか、日本は、中東最大級の埋蔵量を誇るアザデガン油田の権益を手放したほか、イランからの原油の輸入量を半分以下に減らすなどの対応を迫られました。

また、制裁に反発したイランが、世界で最も重要な原油の輸送路と言われるホルムズ海峡の封鎖を示唆したことなどを受け、原油価格が上昇した際には、日本でもガソリン価格が高騰し、景気への影響が懸念されました。今回の経済制裁の解除は、原油の安定的な調達や、人口7800万という巨大市場への日本企業のさらなる進出にも道を開くことにもなり、日本政府は去年10月、投資環境を整備する協定をイラン側と結ぶことで合意し、署名に向けた最終調整を進めています。

イラン経済 制裁解除で大きく成長か

経済制裁の解除によって、原油の輸出など、これまで厳しく制限されていた外国との貿易が再開することなどから、イランの経済は、今後大きく成長することが見込まれています。

イランは、原油の埋蔵量が世界4位、天然ガスの埋蔵量が世界1位の資源大国です。このうち、原油についてイランは、制裁解除から半年の間に生産量を日量100万バレル上積みしたうえで、2021年までに世界3位の生産国ロシアに次ぐ、およそ500万バレルの生産を目指すとしています。
また、主要産業の自動車でも、国内での生産台数を10年後までに、現在のおよそ3倍にあたる年間300万台に引き上げる目標も掲げています。

イランは、中東最大級の7800万の人口をかかえ、将来有望な消費市場としても注目されていて、ビジネスチャンスの拡大を狙うヨーロッパやアジアの企業が、去年7月の最終合意の直後から激しい進出競争を繰り広げています。
イランの経済成長率について、世界銀行は、制裁解除に伴う原油の増産などで、2017年度には7%近くに達すると予測しています。
~~~~以上はNHKニュースより~~~~
~~~~以下は時事ドットコムより~~~~~~

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2016011700057

イラン核合意の履行歓迎=経済関係の強化急ぐ-日本政府

 日本政府はイラン核問題をめぐる最終合意の履行を歓迎するとともに、日本が科していた対イラン制裁の解除を急ぐなどして同国との関係強化を図る考えだ。週内にも必要となる措置を閣議了解する方針で、イランでの商機拡大を狙う経済界の後押しに乗り出す。

 岸田文雄外相は17日、核合意の履行を評価するとともに、制裁解除を「速やかに実施する」との談話を発表。岸田氏は「この重要な進展を契機とし、イランとの伝統的友好関係を一層強化していく」方針も示した。

 イランの核開発をめぐり、日本は国連安保理決議に基づいて、エネルギー分野の新規投資を停止するなどの制裁を科してきた。政府はこうした措置を解除するとともに、イランとの対話を拡大させていく意向だ。

 石油や天然ガスなど豊富な資源と人口7800万人の市場を持つイランとの関係強化は、経済界に期待が強い。既に岸田氏は、昨年10月にイランを訪問。進出企業の資産保護などを定める投資協定締結で実質合意するなど、核合意の進展を見越した布石を打ってきた。今後はイランに原子力の専門家を送るなどして、核合意の着実な実施も支援していく。 

 一方でイランは、同じ中東の大国のサウジアラビアとの対立を深めている。イラン、サウジともに日本は友好関係を維持しており、政府は地域の緊張緩和に向けた両国への働き掛けも行っていく考えだ。(2016/01/17-14:47)
~~~以上は時事ドットコムより~~~~

はっきり申し上げて、我が国日本にとって、イランが核武装しようがしまいがどうでもいいことです。
核武装したって、日本に核攻撃するメリットなんて一つもありません。
むしろ、日本という優良顧客を失うだけですから。地理的にも離れてます。

イスラエルに対抗するために核開発してたわけですから、中東の軍事バランスがむしろ安定化する可能性すらあると私は考えております。

ただ、現状では、イスラエルと険悪な関係ですし、サウジアラビアとも険悪になってきております。
国際情勢に鑑み、いつなんどき経済制裁が復活するともわかりません。


したがって、早急にイランとの関係構築に着手するべきです。
要するに、日本車を輸出して、日本の文化を輸出して、イランから原油を大量かつ安価に輸入できればいいわけですよ。

>>イランは、原油の埋蔵量が世界4位、天然ガスの埋蔵量が世界1位の資源大国です。このうち、原油についてイランは、制裁解除から半年の間に生産量を日量100万バレル上積みしたうえで、2021年までに世界3位の生産国ロシアに次ぐ、およそ500万バレルの生産を目指すとしています。

>>また、主要産業の自動車でも、国内での生産台数を10年後までに、現在のおよそ3倍にあたる年間300万台に引き上げる目標も掲げています。

海外に資源を依存している我が国日本としてはせめて調達先を多角化するべきなのです。
私は以前より、ロシア産のガスや原油を輸入する割合を引き上げよと主張してきました。

イランの制裁解除を受けて、イランの原油も買うべきです。
ロシア産原油、イラン産原油、インドネシア産や中米産を組み合わせて多角化するべきですよ。

日本車輸出だって、日本メーカーが互いに団結し、護送船団方式で売り込みをすれば、イランの自動車市場を日本車で埋め尽くすことだって可能です。

>>日本は、原油の輸入量の1割以上をイランに依存してきました。しかし、核開発を進めるイランに対して、欧米などが制裁を一段と強めるなか、日本は、中東最大級の埋蔵量を誇るアザデガン油田の権益を手放したほか、イランからの原油の輸入量を半分以下に減らすなどの対応を迫られました。

権益を手放すという痛手を被った分はきっちり取り戻すべきです。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR