実質金利がマイナスだからといって、資金需要があると判断するのは机上の空論である

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~以下はダイラモンド・オンラインより~~~~
http://diamond.jp/articles/-/86118

ぬるま湯の銀行を締め上げるマイナス金利は正しい

高橋洋一 [嘉悦大学教授]  【第138回】 2016年2月11日

株価や為替の乱高下で
マイナス金利の政策効果は判断できない

 日銀は、1月29日、マイナス金利を導入した。その後、株式市場、為替市場は乱高下している。この動きだけを見て、短絡的に、マイナス金利の効果はなかったと断言する向きもある。

 短期的な株価や為替の動きは、基本的には予測不可能なランダムウォークである。思惑の仕掛け売り買いもあるので、これで政策効果は判断できない。

 株価の乱高下が気になる人は、ちょっと長めのデータを見てみよう。以下は、リーマンショック時を100としたほぼ10年分の日米英の株価の推移である。安倍政権以降の回復は顕著であり、英国(FTSE100)の低迷よりはましだろう。
株価の推移
 マイナス金利が世界の株価を下げたように言う向きもあるが、そんな力はない。何より、各国ともに下がっているのは、中国経済の低迷、原油価格の下落など、海外要因による証左である。

 にもかかわらず、マイナス金利には否定的な論評が多い。

 筆者は、この状況を揶揄して、2月3日に次のようなツイートをしたところ、1300を超えるリツイートがあった。この種の堅い話題では珍しい。
高橋洋一 ツイート
 多少言葉が不正確で乱暴なのはご容赦願いたいが、銀行を通して見ると、マイナス金利の意味がよくわかる。テレビなどでは、エコノミストたちが、マイナス金利には弊害もあるとか、もう効果が切れたとかいう批判的な意見ばかりが述べられている。その理由は、エコノミストたちが銀行の子会社にいて、親会社の銀行がマイナス金利を嫌っているからだ。

日銀から「小遣い」をもらっていた銀行
資金需要がないという言い分は説得力を欠く

 一般人が銀行に預金すると金利が付くのは定期預金。現金代わりの当座預金には金利は付かない。ところが、銀行は日銀に当座預金すると、0.1%の金利が付いていた。銀行は一般人からの定期預金ではほぼゼロの金利、当座預金ではゼロ金利であったが、それを仕入れとして、日銀に当座預金すると、0.1%の金利が付くので、ほとんど濡れ手に粟の状態だった。

 この制度が導入されたのが、前の白川日銀総裁時代の2008年である。白川総裁は、日本経済より銀行を優遇する政策を行ったが、この当座預金への0.1%付利はその典型だ。

 銀行の日銀当座預金残高は250兆円。その大半に0.1%の金利が付いているので、これだけで銀行は年間2200億円の利益を得ている。

 今回の黒田日銀のマイナス金利であるが、250兆円を超えて新たに日銀当座預金が積み増されると、それに対してマイナス金利になる。既存の250兆円の部分の既得権は維持されるので、2200億円はそのまま銀行の「小遣い」となる。

 今後、さらなる金融緩和になれば、この2200億円の小遣いも召し上げられるかもしれない。それを銀行は極端に恐れているので、マイナス金利を批判的に扱うわけだ。

 マイナス金利にしても、資金需要がないというのが、銀行の言い分である。銀行を擁護するエコノミストから決まって出てくる言い訳だ。

 1月30日、日銀から公表された経済・物価情勢の展望の参考係数における図表39と図表40の予想物価上昇率を見ると、どのような指標をとっても1~2%程度である。これは、実質金利(=名目金利-予想物価上昇率)がマイナス1~2%程度であり、少しでも収益の得られる事業なら資金需要があることを示している。こうした状況で、資金需要がないという銀行の言い分はまったく説得力を欠いている。

銀行の異様な行動は、最新の日銀の資金循環勘定のポートフォリオからも確認できる。

 金融機関は、預金取扱機関、保険・年金基金、その他に分けられるが、重要な役割を担う預金取扱機関と保険・年金基金のそれぞれについて、資産項目を現預金、貸出、国債、その他有価証券等、対外投資等、その他に分けてみよう。

 預金取扱機関では、現預金403兆円、貸出718兆円、国債256兆円、その他有価証券等265兆円、対外投資等163兆円、その他21兆円の計1826兆円。保険・年金基金では、現預金23兆円、貸出54兆円、国債234兆円、その他有価証券等141兆円、対外投資等112兆円、その他30兆円の計594兆円となっている(下表)。
金融機関のポートフォリオ
 ここで、預金取扱機関で、現預金が403兆円と、全体の資産1826兆円のうち22%を占めているのは驚くほかない。このうち日銀当座預金は250兆円である。この数字の異常さは、保険・年金基金の現預金は23兆円で全体の資産594兆円のわずか4%であるのと比べると一目瞭然だ。銀行は、これほどに日銀当座預金の0.1%に引きずられているのだ。

 銀行は、2200億円の「お小遣い」を守るために必死なので、貸出がおろそかになっているのだ。

 このため、銀行は株価の乱高下もマイナス金利のせいにしている。この原因は海外要因であることは、冒頭述べたとおりだ。

長期金利がマイナスになったのは
マイナス金利ではなく国債の品不足が原因

 また、長期国債の流通利回りが一時マイナスになったことも、マイナス金利の批判に使おうとしている。

 長期金利がマイナスになったのは、1月14日の本コラム(「声高に言われ続ける『国債暴落』があり得ない理由」)に書いたように、基本的には国債の品不足が原因である。少し前まで、金融緩和で国債が暴落するといっていたエコノミストまでもが、マイナス金利になったら、それが異常というのは見苦しい。

前出の日銀の資金循環勘定では、国債の情報も書かれている。2016年度の新規国債発行額は34兆円程度なので、全体の国債残高はせいぜい34兆円程度しか増えないが、日銀の国債買いオペは新規80兆円なので、日銀保有国債残高は80兆円程度増える。となると、少なくとも、日銀以外の金融機関の保有国債残高は46兆円程度減少するはずだ(80-34=46)。

 つまり、預金取扱金融機関と保険・年金基金の保有国債490兆円の1割程度は減少せざるを得ないわけだ。それらの金融機関の保有する国債の償還分についてロールオーバーができないので、このカネは他に投資せざるを得ないことになる。これが、国債の品不足たるゆえんだ。こうした状況では、マイナス金利になっても不思議ではない。

日銀政策決定会合での
反対意見に理はない

 いずれにしても、銀行は、何が何でもマイナス金利を悪者にしたいようだ。そうしたエゴが色濃く出たのが、なんと、1月29日のマイナス金利導入を決めた日銀の政策決定会合だった。

 賛成は、黒田委員、岩田委員、中曽委員、原田委員、布野委員。反対は、白井委員、石田委員、佐藤委員、木内委員。白井委員は学者出身であるが、石田委員、佐藤委員、木内委員は民間金融機関出身である。賛成には民間金融機関出身者はいない。賛成委員は安倍政権下で黒田体制になってからの任命、反対委員は民主党政権下で白川体制での任命である。

 まず、賛成委員の意見として、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和は、イールドカーブの起点を引き下げ、大規模な長期国債買入れと合わせて、予想実質金利を一層引き下げる効果を発揮する」がある。

 これは、量的緩和を正確に理解している。本コラムで書いたように、量的緩和の本質はシニョレッジ(通貨発行益)であり、政府紙幣の発行と同じだ。現在の日銀当座預金への付利はシニョレッジを減少させている。これをマイナス金利にすれば、シニョレッジの増加になり、ひいては予想インフレ率の上昇、予想実質金利の低下になる。

 また、「日銀当座預金全体ではなく、一定額以上にマイナス金利を適用するという階層構造方式によって、金融機関への過度の負担を避けつつ、金融緩和効果を強化できる」という意見もあった。これは、金融機関への配慮であり、マイナス金利に反対するなという意味だ。

反対委員の意見では、「量的・質的金融緩和を補完するための措置の導入直後のマイナス金利導入は、資産買入れの限界と受け止められるほか、複雑な仕組みは混乱・不安を招くリスクがあり、かえって、金融緩和効果を減衰させる惧れがある」があった。これは、日銀政策委員としては情けない意見だ。本人は理解しているが、一般には理解できないという上から目線であろうが、実のところ、本人の理解も怪しい。海外で導入されているので、きちんと勉強している金融関係者なら理解している。よくわからないから反対というなら、日銀政策委員の資質を欠いている。

「マネタリーベース増加目標維持とマイナス金利導入は論理的整合性に欠ける。マイナス金利は実体経済への効果の割に市場機能や金融システムへの副作用が大きく、効果と副作用のバランスを欠く」という反対委員もいた。

 付利されたマネタリーベースではシニョレッジが少なくなる。この点、この委員は量的緩和を正確に理解していない。それに、意味不明な「副作用」である。これは金融機関の収益が減るということなのに、恥ずかしくて言えないのだろう。この委員は、単なる金融機関の利益代表にすぎず、金融政策の理解も不十分なので、日銀政策委員に不適格だ。いずれ改選されずに辞めていくはずだ。

個人の預金金利が
マイナスになる可能性はない

 2200億円の「お小遣い」に固執して、貸出を行わない銀行に社会的な意味はない。そうした銀行は、いずれ金融再編の中で淘汰されていっても仕方ないだろう。

 なお、日銀のマイナス金利政策の導入を受けても、個人の預金金利がマイナスになる可能性はない。一般人の個人預金がマイナス金利になるということは、預金すると手数料が取られるということだ。それなら、預金せずに、家の金庫に置いておいた方がいい。もしみんなが預金しなくなると、銀行は仕入れがなくなるわけだから潰れてしまう。だから、どんなに低い金利でも銀行は仕入れをするために預金を受けざるを得ないわけだ。

 銀行は、個人の預金金利もマイナスになるかもしれないという恫喝はしない方がいい。
~~~~以上はダイヤモンド・オンラインより~~~

私は日銀の異次元緩和に対して賛成の立場ですが、マイナス金利政策には反対です。
以下、参考記事を3つご紹介します。熟読していただければ幸いです。

経済を演劇で例えるなら金融は黒子である~前篇~
経済を演劇で例えるなら金融は黒子である~中篇~
経済を演劇で例えるなら金融は黒子である~後篇~

マイナス金利政策の主な批判ポイントは以下になります。
1、資金需要が乏しいデフレ環境下では、マイナス金利であっても実体経済を拡大させる効果が薄い
2、マイナス金利政策により民間金融機関の収益が悪化してしまい、住宅ローン金利が上昇してしまう可能性が高い
3、民間金融機関がリスクのある債券や金融商品に手を出さざるを得ず、経営の健全性や安全性が失われてしまう


高橋洋一氏がマイナス金利政策を正当化するならば、これらの批判ポイントに反論しなければなりません。
「民間金融機関の利害関係者だから、マイナス金利に反対しているのだろ?」は稚拙だと思います。

しかも、2に関しては実際に欧州で発生している事象です。
3についても、今後金融機関の健全性に疑問符が投げかけられる事態が発生する可能性が高いでしょう。

高橋洋一氏は消費増税に反対しておりましたので、私と同じく消費税廃止と設備投資減税&補助金政策を訴えていただき、実体経済を拡大させる方向にシフトされた方がいいでしょう。

そして、今回の高橋氏の主張で違和感を持ったのは以下です。
>>1月30日、日銀から公表された経済・物価情勢の展望の参考係数における図表39と図表40の予想物価上昇率を見ると、どのような指標をとっても1~2%程度である。これは、実質金利(=名目金利-予想物価上昇率)がマイナス1~2%程度であり、少しでも収益の得られる事業なら資金需要があることを示している。

実質金利がマイナスだからといって、資金需要があると判断するのは机上の空論だと思います。
確かに、数字だけ見れば実質金利がマイナスだったならば少しでも収益が得られる事業に融資すればいいという話です。

しかしながら、融資、投資、事業にはリスクという不確実性が伴います。
だからこそ、銀行などの金融機関は融資などを実施する場合、稟議するわけですよ。
企業が新規事業や新規設備投資する場合も、しっかりとした調査をするわけです。

簡単に言えば、融資や事業に失敗してお金を回収できないということが普通にあり得るわけです。
高橋氏がこんな簡単なこともわからない方なのでしょうか。ちょっと理解に苦しみますね。

すくなくとも実質金利がマイナスだから資金需要があると判断できないと思いますよ。
設備投資の先行指標である『機械受注』を見てみると、資金需要がないと判断してもいいと思います。

~~~~以下は日経新聞より~~~~
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ09HW9_Z00C16A2TJC000/

1月工作機械受注、17.2%減 6カ月連続マイナス

2016/2/9 19:35
日本工作機械工業会(東京・港)は9日、1月の工作機械受注額(速報値)が前年同月比17.2%減の1002億5900万円だったと発表した。前年同月を下回るのは6カ月連続。前年にベトナムでスマートフォン(スマホ)関連の特需があった反動で、輸出が大きく落ち込んだ。

 輸出は26.6%減の606億7500万円。ツガミでは、昨年8月からスマホ関連の受注がない状況が続いているという。

 国内は2.9%増の395億8400万円。1年ぶりに400億円割れとなったが、5カ月ぶりに前年同月を上回った。同工業会は「補助金待ちによる発注の手控え感はあるが、年度末に向けて、足元で受注は動き始めているようだ」と話し、2月以降の受注増加に期待を寄せた。
~~~~~以上、日経新聞より~~~~

機械受注が6か月連続で前年同月比マイナスを記録しているのに、資金需要があると言い張るのはどういった神経しているのでしょうか。
単に無知なだけなのでしょうか。

単に無知だというのであればエコノミストなんて辞めた方がいいでしょう。

原理原則論から申し上げれば、なぜ金融緩和は景気浮揚効果があるのか考えた方がいいです。

中央銀行が政策金利を引き下げたり、民間金融機関が保有する国債を買い上げることにより、家計や民間企業にお金を貸し出すことによって、景気が良くなるのです。
つまり、金融機関の口座のお金が現実世界に飛び出ることができて始めて景気が良くなるのです。

常識的なことですが、貸出はお金を借りたい人と貸したい人の合意が必要です。
お金を借りたくない人が多くなるデフレ環境下では現実世界へお金が飛び出ないのは当然ですし、自然なことなのです。

ですから、私や三橋貴明氏などは政府支出の継続的な拡大を主張しているのですよ。
お金を借りることができて、積極的かつ大規模に投資することがでいる経済主体は政府以外にありえないですから。

少なくとも5年以上、50兆円以上の財政出動を実施しなければデフレ経済は継続してしまうでしょう。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR