掃海技術の錬磨

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】
本格的に体がぶっ壊れそうですorz

~~~~以下はZAKZAKより~~~~~
http://www.zakzak.co.jp/extaishu/ext_entertainment/news/20151019/exe1510191040002-n1.htm

【イチから分かる自衛隊最前線レポート】掃海部隊
★国民の安全を守るため、空を飛べ!海を行け!地を駆けろ!

2015.11.14
◆安保法制でも話題になった掃海部隊

 今年の夏、国会にて掃海部隊がクローズアップされた。安全保障関連法案の中に、他国での機雷処理を含めるのか、というのが争点になっていたからだ。

 一口に機雷処理といっても、1991年の湾岸戦争後にペルシャ湾沖で行なったような戦後機雷処理であれば、現行の自衛隊法でも対処できる。ただし、戦争中の機雷処理となると、いかに後方での活動とはいえ、戦闘行動に違いなく、集団的自衛権の行使となる。これを認めるのかどうかが話しあわれていたのだ。

 日本は自衛隊創設以前から実任務として、機雷の処理を行なってきた伝統がある。しかしそれ故に“井の中の蛙”となってしまっていたが、前述したペルシャ湾派遣を契機に、海外の掃海部隊が推し進めていたハイテク化を採用。これにより、これまでの職人技に加え、近代化が合わさり、世界トップクラスの掃海部隊となった。

 掃海艇の数だけを見れば、海自は27隻を保有している。東西冷戦当時は世界最高と言われたイギリス海軍の掃海部隊も、いまは15隻のみ。

 アジアを見ればお隣韓国は9隻。世界でもっとも掃海艇を配備しているのが、ロシアの約50隻。次いで中国の約40隻。日本は世界第3位の配備数なのだ。

 世界はまさに日本の掃海部隊に対し、一目置き、そして期待している。

◆機雷処理ロボットを使った訓練を実施!

 海自掃海部隊では、練度を高く保つため、年4回ほど、大規模な掃海訓練を実施している。訓練場所となっているのが、陸奥湾、伊勢湾、日向灘、硫黄島の4カ所である。なお2012年に1度だけ八代湾が試験的に使われたが、その後採用されることはなかった。

 今年の夏は国会にて、安保法案について喧々諤々の討論が繰り広げられていたが、そんな中、7月18日から30日までの間、陸奥湾において「平成27年度機雷戦訓練及び掃海特別訓練」が行なわれた。

 安保論議のひとつとして、ホルムズ海峡での海自の掃海を行なうことは是か非かを問うている最中での訓練となったため、毎年実施している訓練であるにもかかわらず注目を集め、掃海訓練としては珍しく多くの報道陣が詰めかけた。

 掃海母艦や掃海艇など18隻の艦艇、及び航空機9機、人員約850名が参加した。これに加え、米海軍からも、掃海艦2隻、航空機3機の参加があった。

 陸奥湾内に設定された横12km、縦6kmの訓練海域に、訓練用機雷を敷設し、それを探し出すところまで訓練していく。最終的に爆破処理するまで訓練したいところであるが、さすがに湾内では行なえない。

 報道陣に訓練を公開したのが第41掃海隊だ。この部隊は強化ガラス繊維プラスチックGFRP製の最新型掃海艇である「えのしま」型3隻で構成されており、今回は「えのしま」と「ちちじま」の2隻が参加した。

 主たる武器は、国産の水中航走式機雷掃討具S‐10だ。これは簡単に説明すると、機雷処理用のロボット。本体に装備されたカメラやソナーの情報をもとに、遠隔操作で海中を進む。もし係維機雷を発見すれば、おもりと機雷を結ぶ係維索をカッターで切断し、浮かびあがらせる。沈底機雷であれば、機雷の真上から、胴体に当たる場所に格納された爆雷を投下し爆破処理する。

◆知ってる!? 機雷の仕組みと処理方法

 そもそも機雷とは何か。ちょっと知っている人だと、「ウニのようにトゲトゲが付いた海面を浮遊している爆弾」と答えるだろう。実はその通りで、大戦中から姿形にそれほど大きな変化はないのだ。ただし、その中身はハイテク化されている。

 機雷戦は、機雷を撒く機雷敷設戦とその機雷を処理する対機雷戦とに分けられる。一番厄介なのが、対機雷戦である。

 機雷には船体が発する磁気を感知して爆発する磁気機雷や、スクリューなどの音に反応する音響機雷などがある。これらは水上艦艇に対する脅威となる。また機雷とおもりを係維索というもので繋ぎ、索の長さで敷設する深度を変えることができる係維機雷や、海底に敷設し真上に向けて攻撃する沈底機雷もある。これらは潜水艦を攻撃することも可能だ。

 こうした機雷を処分するため、世界中の海軍で掃海艇が配備されている。掃海艇は掃海具というものを曳航し、機雷を処分する。わざと磁気や音を発する掃海具を引っ張ることで、機雷を反応させて爆発する機雷掃海と言われる方法や、ロボットを用いて機雷を直接攻撃する機雷掃討という方法がある。

 処分している掃海艇がこうした機雷の被害にあわないように、長らく船体は木造となっていた。艦内にも鉄製のものを置かない。机やロッカーも木製、個人のキーチェーンまで持ちこみを制限する徹底ぶりだ。

 だが木造船体だと耐用年数が短く、大体15~20年ぐらいしか保たない。そこで、近年は強化プラスチック(FRP)製の船体が主流となってきた。海自もこの流れに乗り、最新掃海艇からは、FRPにガラス繊維を混ぜてさらに強度を上げたGFRP製の船体とした。これにより耐用年数は30年となり、船体重量の軽減も成し遂げている。

■PROFILE 菊池雅之 1975年2月3日生まれ。1995年、海上自衛隊が実施している半年間の遠洋練習航海に完全同行取材を敢行。その後、週刊誌カメラマンを経て、フリーの軍事フォトジャーナリストとなる。陸海空自衛隊のみならず、米軍やNATO軍、アジア各国の軍事情勢を取材してまわる。最近では危機管理をテーマに警察や消防の取材も行なっている。著書は『試練と感動の遠洋航海』(かや書房)等多数。また自衛隊に関するアニメや漫画の監修なども行なっている。

(本内容は「EX大衆11月号」からの抜粋です)

~~~~以上、ZAKZAKより~~~~~~

>>機雷戦は、機雷を撒く機雷敷設戦とその機雷を処理する対機雷戦とに分けられる。一番厄介なのが、対機雷戦である。

我が国日本が大東亜戦争時に機雷によって苦しめられました。
したがって、その教訓を活かし、掃海技術を高めていたこともネットユーザーの皆様はご存じのことでしょう。

ただ、私が気になったのは機雷敷設能力はどれくらい高いのかということです。
後日ご紹介しますが、兵頭二十八氏の著書を読み、対中戦争時に一番重要であるのは機雷敷設による海上封鎖です。
そのためには適切な海域に十分な機雷を迅速に敷設する必要があります。


そういったことがあまり情報として公開されていないのです。
書籍等を読み、どれくらい機雷敷設能力があるのか計算しないといけませんね。

我が国日本を取り巻く国際情勢から申し上げれば、中国との戦争を想定せざるを得ず、そのために必要なのは敵国の補給を絶つことです。

機雷の開発、能力、本質的な意味、運用、掃海、敷設、それらを研究する必要があります。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』を出版しました。
『家賃半額(仮)』と『住宅資産倍増計画(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR