中国人民解放軍への警告を

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~以下は日経新聞電子版より~~~~~
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H66_Q6A610C1PP8000/

中国艦、領海侵入を意図か 尖閣接続水域を航行

2016/6/11 3:30 日本経済新聞 電子版
中国海軍の艦船が9日未明に沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域を初めて航行し、日中間の緊張が再び高まっている。日本政府の分析によると、中国軍艦が一時、日本の領海に侵入する意思を持って航行していた可能性があることが判明。侵入した場合には不測の事態にも発展しかねなかった。事態を招いた背景には、偶発的な衝突を防ぐ「海空連絡メカニズム」の不備も指摘される。
沖縄県 尖閣
沖縄県・尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島=2012年9月
中国海軍
 複数の政府関係者によると、中国軍艦は日本側の警告を無視して接続水域内に入った後、さらに島に近い領海に船首を向けて一定の時間、相当の速度で進行していたという。中国は尖閣諸島を自国領土と主張しており、軍艦が領海に入れば日本の主権は損なわれる。日本政府は緊張を一方的に高める行為で早めに対応すべきだと判断し、中国側に強く抗議した。

 政府は公式には中国側が領海侵入を意図したかどうかを「分析中」としている。ただ中国公船の領海侵入は相次いでおり、今回も軍艦の針路や速度などの情報を総合的に見て、その可能性が高いと日本政府はみている。海上自衛隊の護衛艦の警告で最終的に航路を大きく変えたが、領海に入りかねないぎりぎりのタイミングだった。

 ここまで事態が緊迫した原因は現時点でははっきりしていない。自衛隊は同海域を常に監視しているが、尖閣諸島の接続水域まで入るのは珍しい。今回はロシア軍艦を追尾するのが目的だった。これが普段は同海域まで出てくることは少ない中国軍艦の警戒を誘発し、偶発的に双方の緊迫度合いが高まった可能性がある。中国側は東シナ海での勢力拡大の意思を明確にする機会をうかがっていて、海自艦の動きに便乗したとの見方もある。

 いずれにせよ日本側の警告を無視して退去に応じなければ、自衛隊法に基づいて武器使用も可能な海上警備行動を発令して対応する一触即発の事態にエスカレートした可能性があった。

 政府高官は発令に向けた具体的な対応は取らなかったとしている。しかし日本政府は昨年の安全保障法制定と並行し、武力攻撃に至らない「グレーゾーン事態」への対処で、海上警備行動を発令する際の手続きを簡略化し、電話による閣議決定もできるようにした。領海に入ればただちに発動できる。
~~~~~以上、日経新聞電子版より~~~~~

選挙を控えたこの時期に安倍総理にとって有利になりそうな事態をわざわざ引き起こすってどういうことなのでしょうか。
野党は自民党よりも中国や朝鮮とズブズブ状態なわけですから、日本国民の安全保障意識の覚醒となり、自民党有利ですよ?

安倍自民党の勝利の立役者が中国共産党という事態になる可能性すらあります。
これは中国共産党が中国人民解放軍をコントロールできていない証拠ですね。

習近平がこんなこと許すはずがないです。
合理的に考えればこのような行動は百害あって一利なしですから。

>>政府高官は発令に向けた具体的な対応は取らなかったとしている。しかし日本政府は昨年の安全保障法制定と並行し、武力攻撃に至らない「グレーゾーン事態」への対処で、海上警備行動を発令する際の手続きを簡略化し、電話による閣議決定もできるようにした。領海に入ればただちに発動できる。

上記のように対策があるというのであれば、冷静さを保ち、脅威に対処すればよろしいでしょう。
もし、領海に無断侵入ということであれば、国際法に基づき、拿捕もしくは撃沈すればいいと思います。

以下はKAZUYA氏の動画になります。

中国海軍が初めて尖閣周辺の接続水域に侵入…その時、平和主義者たちは…

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』を出版しました。
『家賃半額(仮)』と『住宅資産倍増計画(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR