【祝】栄光ある孤立へ! イギリスがEUから離脱する!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

紙一重の勝利だが・・・今は勝利の余韻に浸ろうじゃないか。
イギリス紳士に敬礼!(#^^#)

~~~~~以下はNHKニュースより~~~~~
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160624/k10010570091000.html
英国民投票 「EU離脱」が有効票の過半数に

6月24日 15時04分
英国 国民投票
イギリスで23日に行われたEU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票は開票がほぼ終わり、離脱の票が過半数を占め、離脱派の勝利が決まりました。これによってイギリスは今後離脱に向けた手続きを進めるものとみられます。

イギリスのEUからの離脱の賛否を問う国民投票は、23日投票が行われ即日開票されました。

イギリスの公共放送BBCの集計によりますとこれまでに382か所の開票所のうち380か所で開票が終わり、「離脱」が1717万6006票で51.8%、「残留」が1595万2444票で48.2%となりました。
離脱の票が有効投票総数の過半数を占め離脱派の勝利が決まりました。

これに先だってEUからの離脱を訴えてきたイギリス独立党のファラージュ党首は、支持者を前に演説し、「イギリス独立の夜明けだ。6月23日はわれわれの独立記念日になるだろう」と述べました。

今回の国民投票の投票率は72.2%と去年5月の総選挙の66.1%を大きく上回り有権者の関心の高さを示すものとなりました。

離脱派は、EUが定める「移動の自由」のもと、加盟国からの移民が急増していることで職が奪われ、社会保障費が圧迫されていると訴えてきました。また、EUが決めるルールに縛られ、イギリスの政策の自由度が狭まっているとして、「主権を取り戻そう」というスローガンをもとに離脱への支持を呼びかけてきました。
残留派は、当初は優位に運動を進めていましたが、最終的には、態度を決めかねていた有権者が移民問題への不満やEUへの不信感から、離脱に傾いたものとみられます。

離脱の票が過半数を占めたことでイギリスは今後EUからの離脱に向けて手続きを進めるものとみられ金融市場の混乱が懸念されるほか、EUの将来にも大きな影響を与えるものとみられます。

残留の票が離脱を上回ったのは、スコットランドと北アイルランドです。ただ、投票率は、スコットランドが67.2%、北アイルランドが62.9%と全国平均の72.2%を下回りました。

逆に、離脱の票が残留を上回ったのが、ウェールズと、イングランドです。イングランドは首都ロンドンでは、残留の票が上回りましたが、その他の地域で離脱の票が上回り、全体では、離脱の票が上回りました。
こうしたことからイギリス全体では残留の票が伸び悩み、離脱が有効投票総数の過半数を占める結果となりました。
~~~~以上、NHKニュースより~~~~~

私は6月12日のコメントで以下のように宣言しました。
Re: 移民拒絶、大変結構!

チャロチャロ氏へ
コメントありがとうございます。

移民に対してはチャロチャロ氏も本気で怒ってましたよね。
大変感謝しております。
健全な日本国民として移民を拒絶することが常識になればと思い、この記事をUPしました。

> さあ、次は6月23日のイギリスのユーロ脱退投票です。
> 行き過ぎたグローバル主義をもう終わらせましょう!

イギリスはEU離脱すると思います(予想が外れたらブログで謝罪記事出します)。
栄光ある孤立を選択すると思います。

以上、今後とも応援の程よろしくお願い致します。
2016-06-12(19:44) : uematu tubasa URL : 編集


祝! 予想的中!
途中でジョー・コックス議員が殺害されるというテロ事件がございましたが、何とか離脱派が勝利しました。
大手マスコミの速報を目にするたびにヒヤヒヤしてました。
逆転に次ぐ逆転劇でした。接戦でした。謝罪記事にならなくてよかった。

ブロガーで明確に離脱派の勝利を予想し、的中させた人間は私だけなのでは?
それだけ接戦であり、予想が難しいものであったことは確かなようです。

予想っていうのは本当に心臓に悪い(笑)
投票のパーセンテージとしては、以下のようになりました。
>>「離脱」が1717万6006票で51.8%、「残留」が1595万2444票で48.2%

同情票が相当に残留派に流れたようです。
ジョー・コックス議員がご存命であったならば、55対45で離脱派が勝利していたでしょう。
凶弾により民主主義が歪められるという最悪の事態は回避できました。

さて、今後の欧州政治に望むことを述べます。
EU離脱のドミノ現象を巻き起こしてほしいです。
フランスのルペン(フランス国民戦線)には頑張ってほしいものです。 
以下はご参考までに
英国が初の離脱国へ 大接戦の末・・・EU離脱派“勝利”(16/06/24)


以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

英国がEU離脱!移民拒否!国民投票で移民受け入れにNO!目先の経済より主権や雇用や治安を選択

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 英国が欧州連合(EU)から離脱! 移民&難民の受け入れに「NO!」 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160624/k10010570521000.html?utm_int=news_contents_news-main_001 英国民投票 離脱派が勝利 キャメロン首相辞意 ...

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 次はフランスが来ましたよ!!

チャロチャロ氏へ
コメントありがとうございます。

ルペンは期待を裏切りませんね。

実はオーストリア自由党がEU懐疑派らしく
大統領選挙のやり直しで自由党の人間が国家のトップになりそうなのです。

EU離脱ドミノが来ます。
楽しくなって参りました。

> 凄いニュースが!!
>
> 【英EU離脱】「フランスでもEU離脱問う国民投票を!」国民戦線党首
> http://hosyusokuhou.jp/archives/47862552.html
>
> さあ、武士様!
> 忙しくなりますよ!!

Re: 英国は移民を拒絶!鈴木信行を当選させよう!

COFFEE氏へ
コメントありがとうございます。

ブログ開始当初から移民拒絶を訴えていた人間としては
大変嬉しく思っております。

今後も移民に関する記事をUPします。
今後ともよろしくお願い致します。

> 英国は、移民の増加を拒絶しました。
>
> このような状況の中にあって、移民や単純労働者の受け入れを拡大しようとしている日本政府は狂っているとしか言い様がない。
>
> 「維新政党・新風」は、移民受け入れを断固阻止します!
>
> 参院選の東京選挙区では、「維新政党・新風」の鈴木信行への投票の推奨を拡散しよう!
>
> 維新政党新風は、移民受入れは勿論!外国人労働者の受入れにも断固反対!

英国は移民を拒絶!鈴木信行を当選させよう!

英国は、移民の増加を拒絶しました。

このような状況の中にあって、移民や単純労働者の受け入れを拡大しようとしている日本政府は狂っているとしか言い様がない。

「維新政党・新風」は、移民受け入れを断固阻止します!

参院選の東京選挙区では、「維新政党・新風」の鈴木信行への投票の推奨を拡散しよう!

維新政党新風は、移民受入れは勿論!外国人労働者の受入れにも断固反対!

次はフランスが来ましたよ!!

凄いニュースが!!

【英EU離脱】「フランスでもEU離脱問う国民投票を!」国民戦線党首
http://hosyusokuhou.jp/archives/47862552.html

さあ、武士様!
忙しくなりますよ!!
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR