IT人材の将来をマクロ的に理解しよう

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~以下は現在ビジネスより~~~~~
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49048
10年後、「IT人材」の給料は倍になる?総務省「100万人育成」の大きな課題
2016年07月03日(日)
人材 IT関連
プログラマーの年収が低い

総務省が2025年までに「IT人材」を100万人育成する方針を掲げた。

ITに関する新たな資格制度をつくるほか、小中高校などでの教育も強化。日本ではITの専門的技術者が現在103万人いるが、これを2025年には202万人へと倍増させる目標だという。果たしてほんの10年でこれほど大規模な人材育成などできるのだろうか。

まず、IT人材の給料の実態を見ていこう。厚生労働省の2015年賃金構造基本統計調査を基にランキング化してみると、プログラマーの年収は408万円で全65業種中35位。システム・エンジニアの年収は592万円で、同18位である。

ちなみに、上位10業種の年収は、1位が航空機パイロットの1532万円。以下、2位が医師=1098万円、3位が弁護士=1095万円、4位が大学教授=1087万円、5位が大学准教授=858万円、6位が記者=824万円、7位が大学講師=741万円、8位が公認会計士・税理士=719万円、9位が不動産鑑定士=713万円、10位が電車運転士=688万円となっている。

航空機パイロットや電車運転士の給料が高いのは人命を預かるからであり、記者の給料が高いのは情報独占できているから。それらに比べてIT人材の給料は低すぎるのか、あるいは妥当なのかは意見が分かれるところだろう。

そこでIT人材の給料について、世界と比較してみる。システム・エンジニアやプログラマーの年収を見ると、アメリカでは1000万円、イギリスでは800万円ほど。さらに、IT人材の年収と事務職の年収の「比率」を見ると、日本で1.5倍、アメリカで3倍、イギリスで2倍となっている。つまり日本のIT人材の給料は諸外国と比べて恵まれているとはいえない。

あらゆるモノがインターネットにつながるIoTの時代に本格突入し、IT人材は急速に社会的ニーズが増している。しかし、日本ではIT人材はまだ「一技術者」扱いされていて、経営の中枢にかかわる人が少ないため、正当に評価されていない。これでは総務省がいくら旗を振ったところで、IT人材の育成など絵に描いた餅だろう。

筆者は、IT人材の育成には、まずプログラミング教育を必修化することが先決であると考える。文部科学省はこれを2020年度からの新学習指導要領に盛り込む方向で議論しているが、もっと早く実施してもいい。

そもそも、日本社会では企業のトップに技術系の人が少ない。だから、IT人材の専門性がなかなか評価されにくい。多くの人がプログラミングできるようになれば、IT技術者の「凄さ」をわかる人が経営トップになり、彼らを正しく評価するようになるはずだ。

もちろん、現在の教師たちがプログラミングを教えられるかという問題もあるが、そこは実際にプログラムができる人を雇えば解決する。そうなれば、プログラム能力のある人は学校で働くことが可能になって、新たな雇用創出や給料アップにもつながる。未来の社会を考えれば、いずれIT人材が高給取りになることは間違いない。逆に、そうした社会にできなければ、日本の未来は暗いと言えるかもしれない。
~~~~~以上、現代ビジネスより~~~~~

我が国日本でIT人材を倍増させる計画があるそうです。
しかも10年で倍増させるとのこと。

IT系で働いている人間として言わせていただくと、机上の空論だと思います。
一般論として、給料低くて、きつくて、残業時間が長いという現場が多い中、IT人材が増えるわけありません。

今後のトレンドとして、IT人材の値打ちは上がること間違いなしでしょう。
だから私もITの道に足を踏み入れることにしたのです。

よほど大胆な政策を実行しなければ、IT業界に人が集まるということはないと思います。

私が考える大胆な政策を提示しましょう。
1、IT研修に補助金を出す
2、IT資格に補助金を出す
3、国公立大学の卒業試験に「ITパスポート」を設定する


1について述べます。
IT人材になるには外部もしくは内部での研修を受ける必要がありますが、それにはお金がかかります。
研修中の従業員のお給料や、講師の先生のお給料、設備費用などです。
大胆な割合で補助金を支給しなければ、企業は積極的にIT人材を育成することを躊躇するでしょう。

2について述べます。
「ITパスポート」や「基本情報技術者」などの資格を取得するためには、勉強しなければなりません。
教科書代や受験料が必要です。そこに補助金を支給すれば、試験を受験しようとする人が増えるでしょう。
それがIT人材の増加につながるでしょう。

3について述べます。
国公立大学で「ITパスポート」を取得しなければ卒業できないと決めたらいかがでしょう。
ものすごい熱量をもって勉強する人間が出現するでしょう。

ITっていうのは難しそうというイメージが強いので、きっかけが必要なのです。
大学でITを勉強することにより、興味を持つ人間が増える政策が必要です。

今後は民間企業でのIT人材の争奪戦が発生するでしょう。
争奪戦に勝利した企業が生き残ると思います。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ??? 総務省の言い分が訳が分かりません

チャロチャロ氏へ
コメントありがとうございます。

とても情熱的なコメントで大変勉強になりました( ..)φメモメモ

確かに、IT人材不足の根本治療をするのであれば、義務教育段階における
「読み・書き・そろばん」の徹底は不可欠であると言えます。

私の提言は対症療法的であると言えますので、チャロチャロ氏の提言と
私の提言を同時実行すれば、漸進的に改善できるでしょう。

「理解させる」授業ってのは本当に難しいですよ。
私も大学で単位を取得するため、資格取得のため、数学を
勉強しましたが、根本的な理解ができたかと言われると厳しいものがあります。

> (記事の内容には賛同します。)
>
> なんだか、総務省の言い分が無茶苦茶ですね。
> いきなり10年でIT人材を増やせとは、まさか
> パソナにIT奴隷人材がもっとほしいから増やせと言われて
> 慌てて決めたのではないかと思える節がありますね。
>
> それに、IT人材増やせばそれが管理職になって
> IT人材の人事評価を高めに付けるようになって
> IT人材の給料が上がるんだって、
> それって無理があります。
>
> まず、「給料」の社員全員分のパイを大きくするために
> 日本の景気を良くすることが先決です。
> 給料の社員全員分のパイとはすなわち、
> 企業の上げた利益なのですから。
>
> そして、IT人材が管理職になる事によって
> IT人材の給料の取り分が増えると言うのなら
> それは他の事務職の社員の給料を削ってでも
> IT人材にお金を振り向けると言う社内簒奪の症例になります。
> いわゆる「えこひいき」って奴です。
> それもどうかと思います。
>
> それに、IT人材を増やせば、
> 「IT人材なんてどこにでもいる」っていう供給過多で
> かえってIT人材の給料は減ると思います。
> むしろ武士様のように「これからIT人材は減る」という
> 流れがあって、需要に追い付けないからこそ
> IT人材の給料は上がるのではないでしょうか。
>
> それに10年で人材増やせって、無理がありますね。
> 正直どうしても増やしたいなら、もっと力を入れる場所がある。
> それは
> 「小学校・中学校で算数と理科と数学を
>  嫌いになる子供を増やさない」事です。
> ここで算数と数学と理科を嫌いになれば
> 間違いなく文系しか行かなくなるのでIT人材にならないからです。
>
> で、何が言いたいかというと、昨今の小中の算数・数学の教師は
> はっきり言って暗記モノのような出題と授業しかしない輩が多いです。
> そこを「理解させる」授業に切り替えないと、
> 結局はもともと数字の扱いが得意な子供しか理系に進めなくて
> IT人材になれないと思います。
>
> そして、どうしてもIT人材を増やすために
> 理系の子供を増やしたいなら、算数と理科と数学を
> 食わず嫌いになる子供を減らす事が大事。
> そしてそのためには、実は日本語の読解能力、
> つまり国語が大事なんです。
>
> なぜなら日本の子供は九九の暗記までは誰でも結構理解します。
> しかし、いわゆる文章問題から躓くのです。
>
> 「りんごは1個50円、バナナは1個100円。
>  リンゴとバナナを9個買って、
>  合計は700円でした。
>  リンゴとバナナをいくつ買ったでしょうか?」
>
> これを リンゴをX個、バナナをY個として
> X+Y=9
> 50X+100Y=700
> と変換することが出来ないんです。
>
> これは数学や算数と言うよりも、
> 日本語の問題文章の読解能力、つまり
> 「日本語」や「国語」の問題なんです。
> ここが出来なくて算数や数学を嫌いになる子が多すぎます。
>
> だから私は総務省に言いたい。
>
> ・どうしてもIT人材増やしたいなら理系学生を増やせ。
> ・理系学生増やしたいなら数学と算数と理科で
>  躓かないように小中教育を見直せ。
> ・小中教育の理数で躓かないように
>  算数の文章問題の読解力を付けさせろ。
> ・文章問題の読解能力を身に着けさせるなら
>  「国語」の能力をもっと身に付けさせろ
>
> 総務省よ、「英語」なんて子供に叩き込んでひまがあるなら
> まずは「日本語」を子供に叩き込め!
> そこで母国語を用いた言語的論理思考能力を習得させろ!
> その後でどうしても英語の通訳に子供が憧れるなら
> 英語を選ばせてやれ。
> けど、英語じゃなくて理数系にあこがれる子がいるのなら
> 日本語読解能力を土台としたうえで
> 理数の世界に送り出してやれ!
> それがIR人材確保の近道だ!!
>
> ・・・・・・。以上が私の本音です。

??? 総務省の言い分が訳が分かりません

(記事の内容には賛同します。)

なんだか、総務省の言い分が無茶苦茶ですね。
いきなり10年でIT人材を増やせとは、まさか
パソナにIT奴隷人材がもっとほしいから増やせと言われて
慌てて決めたのではないかと思える節がありますね。

それに、IT人材増やせばそれが管理職になって
IT人材の人事評価を高めに付けるようになって
IT人材の給料が上がるんだって、
それって無理があります。

まず、「給料」の社員全員分のパイを大きくするために
日本の景気を良くすることが先決です。
給料の社員全員分のパイとはすなわち、
企業の上げた利益なのですから。

そして、IT人材が管理職になる事によって
IT人材の給料の取り分が増えると言うのなら
それは他の事務職の社員の給料を削ってでも
IT人材にお金を振り向けると言う社内簒奪の症例になります。
いわゆる「えこひいき」って奴です。
それもどうかと思います。

それに、IT人材を増やせば、
「IT人材なんてどこにでもいる」っていう供給過多で
かえってIT人材の給料は減ると思います。
むしろ武士様のように「これからIT人材は減る」という
流れがあって、需要に追い付けないからこそ
IT人材の給料は上がるのではないでしょうか。

それに10年で人材増やせって、無理がありますね。
正直どうしても増やしたいなら、もっと力を入れる場所がある。
それは
「小学校・中学校で算数と理科と数学を
 嫌いになる子供を増やさない」事です。
ここで算数と数学と理科を嫌いになれば
間違いなく文系しか行かなくなるのでIT人材にならないからです。

で、何が言いたいかというと、昨今の小中の算数・数学の教師は
はっきり言って暗記モノのような出題と授業しかしない輩が多いです。
そこを「理解させる」授業に切り替えないと、
結局はもともと数字の扱いが得意な子供しか理系に進めなくて
IT人材になれないと思います。

そして、どうしてもIT人材を増やすために
理系の子供を増やしたいなら、算数と理科と数学を
食わず嫌いになる子供を減らす事が大事。
そしてそのためには、実は日本語の読解能力、
つまり国語が大事なんです。

なぜなら日本の子供は九九の暗記までは誰でも結構理解します。
しかし、いわゆる文章問題から躓くのです。

「りんごは1個50円、バナナは1個100円。
 リンゴとバナナを9個買って、
 合計は700円でした。
 リンゴとバナナをいくつ買ったでしょうか?」

これを リンゴをX個、バナナをY個として
X+Y=9
50X+100Y=700
と変換することが出来ないんです。

これは数学や算数と言うよりも、
日本語の問題文章の読解能力、つまり
「日本語」や「国語」の問題なんです。
ここが出来なくて算数や数学を嫌いになる子が多すぎます。

だから私は総務省に言いたい。

・どうしてもIT人材増やしたいなら理系学生を増やせ。
・理系学生増やしたいなら数学と算数と理科で
 躓かないように小中教育を見直せ。
・小中教育の理数で躓かないように
 算数の文章問題の読解力を付けさせろ。
・文章問題の読解能力を身に着けさせるなら
 「国語」の能力をもっと身に付けさせろ

総務省よ、「英語」なんて子供に叩き込んでひまがあるなら
まずは「日本語」を子供に叩き込め!
そこで母国語を用いた言語的論理思考能力を習得させろ!
その後でどうしても英語の通訳に子供が憧れるなら
英語を選ばせてやれ。
けど、英語じゃなくて理数系にあこがれる子がいるのなら
日本語読解能力を土台としたうえで
理数の世界に送り出してやれ!
それがIR人材確保の近道だ!!

・・・・・・。以上が私の本音です。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR