天皇陛下 「生前退位」の意向示される

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

天皇陛下のご英断に感謝!

~~~~~以下はNHKニュースより~~~~~~~
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160713/k10010594271000.html
天皇陛下 「生前退位」の意向示される
7月13日 19時00分

天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かりました。数年内の譲位を望まれているということで、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められています。


天皇陛下は、82歳と高齢となった今も、憲法に規定された国事行為をはじめ数多くの公務を続けられています。そうしたなか、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かりました。
天皇陛下は、「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」と考え、今後、年を重ねていくなかで、大きく公務を減らしたり代役を立てたりして天皇の位にとどまることは望まれていないということです。こうした意向は、皇后さまをはじめ皇太子さまや秋篠宮さまも受け入れられているということです。
天皇陛下は、数年内の譲位を望まれているということで、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められています。
これについて関係者の1人は、「天皇陛下は、象徴としての立場から直接的な表現は避けられるかもしれないが、ご自身のお気持ちがにじみ出たものになるだろう」と話しています。
海外では、3年前、皇室とも親交の深いオランダの女王やローマ法王などが相次いで退位を表明して注目を集めました。
日本でも、昭和天皇まで124代の天皇のうち、半数近くが生前に皇位を譲っていますが、明治時代以降、天皇の譲位はなくされ、江戸時代後期の光格天皇を最後におよそ200年間、譲位は行われていません。
皇室制度を定めた「皇室典範」に天皇の退位の規定はなく、天皇陛下の意向は、皇室典範の改正なども含めた国民的な議論につながっていくものとみられます。


天皇陛下 象徴としての歩み

天皇陛下は、今の憲法のもとで初めて即位し、以来、象徴として望ましい天皇の在り方を求め続けられてきました。

平成元年の即位にあたっての記者会見では、「憲法に定められた天皇の在り方を念頭に置き、天皇の務めを果たしていきたい」としたうえで、「現代にふさわしい皇室の在り方を求めていきたい」と述べられました。

平成3年、長崎の雲仙・普賢岳の噴火災害では、そうした天皇陛下の考えが目に見える形で示されました。皇后さまとともに被災地を訪れ、避難所の板張りの床に膝をついて、被災者一人一人に同じ目の高さで話しかけられたのです。その後も、阪神・淡路大震災や東日本大震災など、大規模な災害が起きるたびに被災地を訪れ、被災した人たちに心を寄せられてきました。また、障害者や高齢者の施設を訪れるなど、社会で弱い立場にある人たちに寄り添われてきました。

こうした活動について天皇陛下は、平成11年、即位10年に際しての記者会見で、「障害者や高齢者、災害を受けた人々、あるいは社会や人々のために尽くしている人々に心を寄せていくことは、私どもの大切な務めである」と述べられました。そして、のちに、「天皇の務めには日本国憲法によって定められた国事行為のほかに、天皇の象徴という立場から見て、公的に関わることがふさわしいと考えられる象徴的な行為という務めがあると考えられます」と話されました。

こうした務めについて、天皇陛下は、「戦後に始められたものが多く、平成になってから始められたものも少なくありません。社会が変化している今日、新たな社会の要請に応えていくことは大切なことと考えています」と述べられていました。
天皇陛下は、「昔に比べ、公務の量が非常に増加していることは事実です」としながらも、「国と国民のために尽くすことが天皇の務めである」として、数多くの公務を一つ一つ大切に務められてきました。


天皇陛下の負担軽減が課題に

天皇陛下が、一つ一つの公務に精力的に取り組まれるなかで、年齢に応じた負担の軽減が大きな課題となってきました。

平成21年1月、宮内庁は、前の月に75歳になられた天皇陛下の負担軽減策を発表しました。心身のストレスによる胃や十二指腸の炎症が見られたためで、天皇陛下は、式典での「おことば」の多くを取り止め、宮中祭祀も減らされるなどしました。さらに、3年後には「狭心症」と診断されて、心臓の冠動脈のバイパス手術を受けられます。宮内庁は、天皇陛下が高齢であることや、前立腺がんの手術後、注射を続けている治療薬の副作用など、不安材料を挙げたうえで、さらなる負担軽減の必要性を強調しました。

一方で、天皇陛下は、退院から僅か1週間後に東日本大震災の犠牲者の追悼式に出席されました。その年、79歳の誕生日を前にした記者会見では、負担の軽減について尋ねられ、「公的行事の場合、公平の原則を踏まえてしなければならないので、十分に考えてしなくてはいけません。今のところしばらくはこのままでいきたい」と述べられました。天皇陛下は、天皇の公務について、公平に行われることが大切だとして、大きく変えられようとはせず、宮内庁による見直しも行事の内容や日程を工夫するにとどまり、負担軽減は思うように進んでいません。

そうしたなか、82歳の誕生日を前にした去年暮れの記者会見で、天皇陛下は、「年齢というものを感じることも多くなり、行事の時に間違えることもありました」と率直に老いや間違いを認め、「少しでもそのようなことのないようにしていくつもりです」と述べられました。
宮内庁は、ことし5月には、天皇皇后両陛下の年齢にふさわしい公務の在り方を考え、両陛下の公務の一部を取りやめると発表しました。公務の全体的な見直しが行われたのは7年ぶりでしたが、関係者によりますと、当初、宮内庁が示した大幅な削減案に天皇陛下が難色を示され、見直しはごく小規模なものにとどまったということです。
~~~~以上はNHKニュースより~~~~~

このニュースを聞き、天皇陛下のご英断への感謝の気持ちが湧き上がってきました。
なぜ生前譲位が天皇陛下のご英断になるのでしょうか。
それは後日詳しく語っていきたいと思います。

嘘だと言われても構わないので、はっきり断言します。
私は天皇陛下の生前譲位によっておこる事態をある程度読んでおります。
不確定要素も含め、5手先は読んでおります。

そのための布石を少しづつ打っていければと考えております。
それに関連して、お知らせがございます。
天皇陛下の生前譲位によって発生する事態に対して、対処するためブログ更新頻度を意図的に落とします。

どうしても更新しなければならない場合に更新することとします。
少なくとも8月末までは更新頻度を下げようと考えておりますのでご容赦くださいませ。
よい意味で今年の行動計画が狂いました。本当によかったと思っております。

以下はご参考までに

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天皇陛下「生前退位」の意向示される・数年内の譲位を望まれている・陛下の過酷な祭祀などに感謝

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 天皇陛下 「生前退位」の意向示される。数年内の譲位をご希望。天皇陛下自身が広くお気持ちを表わす予定。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160713/k10010594271000.html 天皇陛下 「生前退位」の意向示される 7月13日 19時00分、NHK 天皇陛...

コメントの投稿

非公開コメント

ガセネタかも

私も当該ニュースをブログで取り上げましたが、ガセネタの可能性がありますね。
しばらくは、静かに注視していきたいです。

計算に入っているとは思いますが

ネットによると、天皇陛下が葉山の御用邸にて
御静養なされている隙を狙って
今回のNHKによる奇襲報道がなされているそうです。

恐らく今回の武士様の計算の中に入っているとは思いますが
今回の筋書き、以前からリークのタイミングを
狙っての発動とみてよいはずです。
今回の報道の話自体は、今年5月ぐらいから
それなりには裏であったらしいですから。

(個人的には、皇太子ご夫妻←あえてこの呼び方w や
 秋篠宮両殿下に対する公務代行以来で
 いいじゃないかと思ってますけどね。

 って言うか、生前譲位なされるのなら!
 ぜひとも!秋篠宮両殿下に譲位頂きたいです!
 秋篠宮両殿下ならみんな間違いなく
 旗印にして一致団結して日本人は頑張れますよ!

 以前、皇后陛下も東宮の雅子ちゃん←この呼び方程度w
 について、心の問題とかで公務も辛そうだし、
 落ち着いて家庭を治める事に専念するように
 ご指導なされていたはず。
 悪いですけど、皇太子くんと雅子ちゃんと愛子ちゃんは←この呼び方w
 家でのんびりしてればいいってマジで思ってます。
 いいんじゃないですか?仕事もせずに、
 家で贅沢品の衣食住に囲まれて
 時々日本国内のしょぼいパーティーにでも出ておけば。

 世界の皆様と適切に有効と対話をなさるのは
 天皇陛下の大事なお仕事。悪いけど東宮には無理です。)




そして、考えられるキーワードと言えば
「自民が2016参院選で勝利、
 3分の2確保で改憲の権利獲得
 当然9条も改憲の権利獲得」
「ハーグ仲介裁判所の判決にて 
 中国の主張する九段線に
 歴史的根拠がないと示される」
の二つ。

恐らく後者を打ち消そうとして、
あろうことか「天皇陛下」を打ち消し花火のネタの一つとして
チョイスしてしまったのではないかと私は予想しております。
御静養されている隙を狙ってニュースを先走らせておけば、
周囲の木端役人どもが暗躍しやすいのだと思います。

天皇陛下ご自身はおいそれとテレビとかに出るわけにいかないし、
なにより天皇陛下ご自身が「自分の意見」を
モロに出すのはいろいろ不都合があるお方であることは
一番わかってらっしゃるので。

宮内庁とかにも、マサコさんのパパのせいで
外務省汚染が進んでるって言いますし。

前者については、「鳥越の電撃出馬」「野党全員が推薦」
「赤弁護士宇都宮の降板」
「民主党オカラが9条以外なら改憲を認めると発言」
で、特亜3国の指示の元、
打消しを始めようとしたのだと考えております。

私としてはMGRブログさんと同じ意見で
(07/14更新されました!)
 ・2016参院選改選議席で、改憲しなくていい
 ・むしろ今の改憲案は通すとまずすぎる
 ・2030年ごろに国民がもっと政治レベルを高めてから
  再チャレンジしよう。
  そして3分の2が取れるぐらいに今から15年ぐらいで
  クソ野党どもを根絶やしにしよう
の方がいいと思っております。



私の意見ばかりかきましたが、
武士様の作戦がどんなものなのか
楽しみにしております。(^^)
是非機会があれば、書いてみてくださいね。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持ちました。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR