悠仁親王殿下を救うためのクーデターなのではないか

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

お久しぶりでございます。
やっと時間的になんとかなりまして、こうしてブログを更新できているわけです。
さて、本題に入りましょう。

~~~~以下はNEWSポストセブンより~~~~~~
http://www.news-postseven.com/archives/20160725_432414.html
小林よしのり×所功 女系天皇含む皇室典範改正を語り合う

2016.07.25 16:00
国民に大きな衝撃を与えた天皇陛下の「生前退位」報道は、皇室を研究してきた識者らにとっても激震だった。仮に生前退位が実現の運びとなっても次々と課題が浮かび上がる。現行の皇室典範では天皇の直系男子しか皇太子になれないため皇太子が不在になるという問題や、結婚適齢期を迎えられる眞子さま佳子さまのために女性宮家をつくらなくていいのか、天皇の直系にあたる愛子さまはどんなお立場になるのか、といったさまざまな問題を同時に考えざるをえない。

『天皇論』(小学館)を著わした漫画家・小林よしのり氏と『皇室典範と女性宮家』(勉誠出版)などの著書がある法学者・所功氏が対談した。

小林:皇太子殿下に後を継いでもらって、どのような象徴天皇の像を築いていくのかを皇后陛下とお二人で温かく見守りたい。そう思われるのは全く自然じゃないですか。そうしてあげられるようにしようというのが国民の感謝の念のはずですよ。この期に及んでもそれに反対する人がいるのは理解しがたい。

所:ご公務が多すぎるという問題にしても、陛下が本来なさるべきことと、してほしいとの要望を受けてされることの区別がつかなくなり、両陛下のハードスケジュールが当たり前になってしまった。

 国民みんなが陛下に甘えてきたのではないか。そのことも反省しなければなりませんね。

小林:すべての問題が繋がってきますからね。先ほども言ったように、皇太子殿下が天皇になると、皇太子が不在になる。では、秋篠宮殿下が「皇太弟」となるよう皇室典範を改めるのか。しかし、お二人がどんどんご高齢になっていくと、たとえば秋篠宮殿下への皇位継承が80歳を超えることもあり得る。すると、新元号の期間が数年しかないという大混乱も起きかねない。悠仁さまは、もっとも重要な皇室祭祀をはじめとする皇位継承のための準備期間がほとんどないまま皇位を継ぐことになってしまう。

 皇太子殿下が継ぐのだから、そのあとは直系の子である愛子さまが継ぐのが一番自然だと思います。男系絶対という古い風習にとらわれるべきではない。

所:きわめて難しい問題ですね。おっしゃるとおり、秋篠宮殿下が皇太子殿下の後をお継ぎになる場合、ご年齢の近い敬宮愛子さまと悠仁さまのどちらを優先するかということは、かなり際どい難問となってくるに違いありません。ただ現在、弟君に悠仁さまという男子がおられますから、それを前提に次の次まで見守っていくほかないと思います。

 いまはまず、陛下のご意向実現を最優先に考え、皇室典範第4条を終身在位に限らず生前退位を可能にするよう改めることに的を絞るべきだと存じます。もちろん、その間に独身の皇族女子が結婚して皇族からいなくなってしまうことを回避しなければなりませんから、皇族女子も宮家を継承したり創立できる道を開く典範改正も避けて通れません。

小林:小泉政権のときには女系天皇まで認めた皇室典範改正を進めていて、本来はあれでよかったはずなんですよ。それを、悠仁さまがお生まれになったからといって、ぱっと引き揚げてしまったのは、当時、官房長官だった安倍首相ですよ。

 その後、今度は野田政権で悠仁さまがいることを前提に女性宮家の創設に関する皇室典範改正が議論された。わしもあの案はひどいものだったと思いますが、それすら政権交代後に潰したのも安倍首相です。女性宮家は女系天皇につながるという男系絶対の支持者の声に従ったわけでしょう。

※週刊ポスト2016年8月5日号
~~~~~以上はNEWSポストセブンより~~~~~~

少々、複雑なお話でございますので、事実関係の整理から始めます。

【事実】
1、現状の皇室典範には「生前退位」の規定はない
2、仮に生前退位がなされた場合、次期天皇に即位されるのは皇太子殿下
3、現行の皇室典範では天皇の直系男子しか皇太子になれないため皇太子が不在になる
4、陛下自身の発言となると、政治的発言で憲法違反と批判される可能性が高い
5、ご公務や祭祀の遂行が体力的に厳しい場合には「摂政」を置くことも可能である

上記5つの事実関係を受けて、私が感じたことを述べます。
天皇陛下がご高齢により、祭祀及びご公務が難しい場合、現行の皇室典範の規定を適用し、皇太子殿下を摂政とすることにすれば特に問題はないのに、わざわざ憲法違反という批判を受ける可能性を高めてまでも生前退位の意向を示された。したがって、皇室典範の改正を促したいお気持ちがあるのではないか

そして今回の件ですが、宮内庁が天皇陛下のご意向はないと否定するニュースもございました。
したがって、以下のような推測が成り立つわけですよ。

以下はuematu tubasaの自分勝手な推論です。

宮内庁には事なかれ主義に毒された官僚グループ本気で皇室を守りたいというグループが存在する。
前者を”サボる宮内庁”と呼称し、後者を”忠義の宮内庁”と呼称する。

天皇陛下が「生前退位」のご意向を示されたのを”サボる宮内庁”が憲法違反という理由でご意向を封殺していた。
憲法を守って、皇室が滅ぶという事態は何とか回避したいという”忠義の宮内庁”が天皇陛下のご意向をNHKへリークする。

ある意味”サボる宮内庁”への最大のクーデターであり、”忠義の宮内庁”が皇室典範改正の主導権を握るための権力闘争的な側面があることは否定できない。
憲法違反という批判を受けてでも事態を動かさなければならない理由があった。

このまま、皇室典範改正問題が先送りされるとどうなるのか。
皇太子殿下がご即位され、皇太子が空位になる。現行の皇室典範だと、皇統に属する男系の男子しか皇位継承できない。
また、女性皇族でご結婚された場合には皇族の身分を離れなければならない。

このままでは悠仁親王殿下ただお一人だけが皇室に残されて、祭祀とご公務を一人で遂行しなければならない。
その肉体的、精神的な負担は想像を絶するだろう。
以下、極めて非人道的なことを想定しなければならない。

悠仁親王殿下はご結婚できないのではないか。それはなぜか。
現行の皇室典範のままだと必ず男子を生まなければならない。
その重圧に耐えられる女性はおそらくいないからだ。

安全保障の危機は”最悪の状況を想定すること”

したがって、悠仁親王殿下が最後の天皇にご即位される可能性を想定しなければならない。
もっと最悪の話をしよう。
悠仁親王殿下が反日武装勢力に暗殺されたらどうするのであろうか。

皇族の人数が少なくなるので暗殺の可能性が飛躍的に高まる。
皇族の人数が少なくなるということは皇統を意図的に断絶させることが簡単になってしまう。
天皇陛下はおそらく私よりも究極的に最悪の状況を想定し、対処されようとしているのではないか。
天皇陛下は”忠義の宮内庁”の協力を得て、皇室典範の改正を行う必要性を日本国民に問いかけたいのではないか。
報道によると8月に天皇陛下のご意向が直接語られるようである。
以下ご参照。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160729-OYT1T50162.html

皇室典範を一刻も早く改正し、女系天皇と女性天皇を認めなければ悠仁親王殿下を救うことができないのではないか。
もちろん早合点なのかもしれない。8月のテレビ中継を見て判断させていただくが、皇室典範の改正と皇室に関する考えを1冊の本にまとめる必要があるのではないかと思う。

以上、ご意見ご感想をお待ちしております。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どうやら奥様のお怪我が原因だったようです

三橋先生の御不在は、
ttp://rensakaki.jp/blog/1448/
にある通り、奥様のお怪我が原因だったようです。
硝子のけがで縫うほどのケガですから
三橋先生もつきっきりで看病なされたのだと思います。

まずは状況を確かめて
進んでいきましょう。

Re: お元気でしたか

名無し様へ
大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

ブログ更新できなくてすみません。(>_<)
私なりの見解を8月3日には公表します。

> お久しぶりの更新ありがとうございます。
> ところで、反逆さんはもうお気づきかも知れませんが、三橋先生のブログの更新が途絶えているそうで。
> チャロチャロ氏はついに閣僚入りか?というポジティブな予測をされていたのですが、私にはどうしてもそうは思えません。荒らしの件もありましたので。貴方の見解を言って頂けると助かります。
> mgrブログの真人さんしかり、三橋先生しかり、失礼ながら反逆さんもなんですが、長期間に渡り更新が無いと不安です(>_<)

お元気でしたか

お久しぶりの更新ありがとうございます。
ところで、反逆さんはもうお気づきかも知れませんが、三橋先生のブログの更新が途絶えているそうで。
チャロチャロ氏はついに閣僚入りか?というポジティブな予測をされていたのですが、私にはどうしてもそうは思えません。荒らしの件もありましたので。貴方の見解を言って頂けると助かります。
mgrブログの真人さんしかり、三橋先生しかり、失礼ながら反逆さんもなんですが、長期間に渡り更新が無いと不安です(>_<)
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR