ミサイル防衛の不確実性について ヒューマンエラーは無くせない

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~以下はNHK NEWSWEBより~~~~~~
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180202/k10011312761000.html
日米共同開発の迎撃ミサイル 2回続けて実験失敗
2月2日 11時37分北朝鮮情勢
小野寺防衛大臣

小野寺防衛大臣は閣議のあと記者団に対し、北朝鮮による弾道ミサイルの発射などに備え、日米が共同で開発を進めている新型迎撃ミサイルの迎撃実験が2回続けて失敗したことを明らかにしたうえで、迎撃ミサイルの取得計画を変更することはないという考えを強調しました。

この中で小野寺防衛大臣は、日本とアメリカが共同で開発を進めている新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の3回目の迎撃実験が、日本時間の先月31日、ハワイで行われたものの、迎撃は確認されなかったとして、失敗したことを明らかにしました。

「SM3ブロック2A」の迎撃実験の失敗は、去年6月に続いて2回目で、小野寺大臣は「1回目の試験は成功したが、2回目はヒューマンエラーが発生してうまくいかなかったと聞いている。信頼性の高い装備を取得するのが基本であり、今回どこの段階でうまくいかなかったか、しっかり解析していきたい」と述べました。

そのうえで小野寺大臣は「仮に改善する点があれば、今後の生産過程に反映していくことは十分可能だ。現時点では大幅なスケジュールの変更が必要になるとの情報は得ておらず、取得計画や予算要求の変更が必要になるとは考えていない」と述べ、新たに導入する新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」などに搭載するため、「SM3ブロック2A」を取得する計画に変更はないという考えを強調しました。
~~~~~以上、NHK NEWSWEBより~~~~~~

実験段階で迎撃失敗しているミサイル防衛が実践にて迎撃成功するとは到底思えないのですが?
しかも、失敗の原因がヒューマンエラーとのことですが、私は疑っています。

技術的にどうしようもできない問題にぶつかった時に、正直に上層部に報告できないから
”ヒューマンエラー”という言葉を持ち出したのではないかという疑念が尽きないのです。


少なくとも、失敗の原因の深堀を行い、情報を公開し、本当に新型迎撃ミサイルを導入していいのか
議論を行うべきではないでしょうか。
軍事機密に該当する箇所以外でも問題ございませんので、防衛相HPで公開してほしいです。

そうすれば私が無償で評価させていただきたいと思います。

以下は参考動画


以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

facebookを始めました。お気軽に友達申請してください。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓
https://www.facebook.com/rebelbushi
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


Instagramを始めました。フォローよろしくお願い致します。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓

https://www.instagram.com/rebelbushi/
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


家賃半額: 公的家賃補助制度導入論
家賃半額
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
公的家賃補助制度に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
諸外国の家賃補助制度について学ぶことができる
公的家賃補助制度を導入する際に留意しなければならないことが理解できる
地方自治体の家賃補助制度の仕組みがわかる
生活保護と公営住宅との関係を学ぶことができる

◆用法・用量◆
目に留まったならば、すぐにお買い求めください。
一日一回、隙間時間を利用して、お読みください。
公的家賃補助制度について学びたいという熱がない方はご使用をお控えください。
用法・用量を守り、正しくお使いください。

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、家賃収入を得ている、または不動産賃貸業に携わっている日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民
4、公的家賃補助制度を経済学的に深く考察してみたい日本国民

====加筆修正予定====
本書は不完全な状態で出版されました。
誤字脱字のご指摘や内容に関する批判等は下記メールアドレスまで
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com
現在、第2版です。
今後も改版する予定です。

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】2,3380字

地政学が無視される3つの理由を読んだ感想

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

素晴らしい記事をご紹介します。

地政学が無視される3つの理由

地政学が無視される3つの理由が紹介されており、考察されております。
1、ドイツ地政学のイメージの悪さ
2、国際政治の研究が「自然科学」よりも「社会科学的」に研究されはじめたから。
3、IT関連技術のめざましい発展


私の個人的意見を大雑把かつ備忘録的に書きたいと思います。
1に関して思うこと。
ナチスは悪いが地政学は悪くないだろう。
という常識的意見を表明したいと思いますwww

地理が国家の運命を決定するという地理決定理論を批判するのは理解できますが、
地政学までを否定というところまで行ってしまうとやり過ぎなのではないかと。
私も地理が国家の運命を決定するというのは違うと思います。
これは明確に思います。
例えば、中東ですが、人類が石油を有効利用できなかったら、これほどまでに
紛争がたくさん発生する地域になっていたとは思えません。

地理よりも、その地理から発生する資源によって国家の運命が狂っているのです。

これだけでもご理解いただけると思いますし、私が出版する地政学の本には
地理決定理論を否定する主張を並べたいと思います。

2について
人文社会科学的な地政学に自然科学的な地理学を取り込むことができれば、
万事解決じゃね(#^^#)
これも地政学の本に書きたいですね。
コンセプトは国公立大学の学生向けの地政学の教科書的位置づけの本にしたいです。

3について
IT関係の職種に就いている人間として言わせていただきます。
むしろITによってサイバー空間が発生したため、ITこそ地理に深く関係しています。
サイバー空間の地政学というのも今後研究対象になるでしょう。

しかも、いくらITでもITの力で陸海空宇宙空間を本質的な意味で変化させることはできません。
効率的な利活用はできますが。
したがって、ITによって地政学がその意味を失うというのは理解しがたいですね。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

facebookを始めました。お気軽に友達申請してください。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓
https://www.facebook.com/rebelbushi
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


Instagramを始めました。フォローよろしくお願い致します。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓

https://www.instagram.com/rebelbushi/
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


家賃半額: 公的家賃補助制度導入論
家賃半額
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
公的家賃補助制度に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
諸外国の家賃補助制度について学ぶことができる
公的家賃補助制度を導入する際に留意しなければならないことが理解できる
地方自治体の家賃補助制度の仕組みがわかる
生活保護と公営住宅との関係を学ぶことができる

◆用法・用量◆
目に留まったならば、すぐにお買い求めください。
一日一回、隙間時間を利用して、お読みください。
公的家賃補助制度について学びたいという熱がない方はご使用をお控えください。
用法・用量を守り、正しくお使いください。

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、家賃収入を得ている、または不動産賃貸業に携わっている日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民
4、公的家賃補助制度を経済学的に深く考察してみたい日本国民

====加筆修正予定====
本書は不完全な状態で出版されました。
誤字脱字のご指摘や内容に関する批判等は下記メールアドレスまで
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com
現在、第2版です。
今後も改版する予定です。

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】2,3380字

フランスの短期間徴兵制復活を見守りたい

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】
ブログ更新できず申し訳ありません。
徹夜続きではどうしようもありませんでした。
本当に死にそうです。

~~~~~~以下は日経新聞電子版より~~~~~~
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25948430Q8A120C1000000/
マクロン仏大統領、短期間の兵役義務化めざす考え
「徴兵再来」との批判招く恐れも

2018/1/20 4:04

 【パリ=白石透冴】
フランスのマクロン大統領は19日、軍幹部らを前にしたスピーチで「国全体で兵役に従事する仕組みをつくりたい」と述べた。18~21歳の男女を対象に約1カ月の兵役を課すという自身が掲げる制度案について実現を目指す考えを示した。個人の自由を重視するフランスでは、「徴兵制の再来」との批判も招きそうだ。

 マクロン氏は2017年の大統領選で同制度の実現を公約に掲げていた。ただ19日は「国防省だけでなく、省庁全体で取り組む。必要な予算は手当てされる」などと語るにとどめ、制度の中身には触れなかった。

 大統領選の公約では治安、テロ問題などに若い世代の目を向けさせるために兵役の義務化を導入するなどとしていた。信条などを理由に拒絶する「良心的兵役拒否」は認めるとしている。

 フランスは01年、隣国ドイツは11年に徴兵制を廃止した。マクロン氏は国の防衛力強化を以前から主張しており、兵役の義務化もその一環だ。だが、約1カ月という短期間だけ兵役を課す意味合いが乏しいとの指摘や、予算がかかりすぎるとの批判が出ている。
~~~~~以上、日経新聞電子版より~~~~~~~

私は徴兵制に対しては批判的な日本人です。
士気が低い人間を無理やり訓練してもあまり効率的ではないと考えるからです。
それはさておき。

フランスがスウェーデンに続き、短期的な徴兵制の復活を目指すようです。
ロシアの脅威に対抗するために、テロへの対処を行うためには、必要なことであるということなのでしょう。
一か月の徴兵制の復活は軍事的合理性よりも国民意識の変化に重点が置かれているように思います。

経済活動及び国民生活の安寧は国家防衛という基盤の上に成り立つわけですよ。
それを体で実感するというのは極めて重要なことだと思います。
もしかしたら、その経験が元になり、国際政治や国家防衛に目覚めるフランス人が増えるかもしれません。

マクロンはただの”フランスの鳩山由紀夫”ではないようです。


以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

facebookを始めました。お気軽に友達申請してください。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓
https://www.facebook.com/rebelbushi
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


Instagramを始めました。フォローよろしくお願い致します。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓

https://www.instagram.com/rebelbushi/
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


家賃半額: 公的家賃補助制度導入論
家賃半額
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
公的家賃補助制度に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
諸外国の家賃補助制度について学ぶことができる
公的家賃補助制度を導入する際に留意しなければならないことが理解できる
地方自治体の家賃補助制度の仕組みがわかる
生活保護と公営住宅との関係を学ぶことができる

◆用法・用量◆
目に留まったならば、すぐにお買い求めください。
一日一回、隙間時間を利用して、お読みください。
公的家賃補助制度について学びたいという熱がない方はご使用をお控えください。
用法・用量を守り、正しくお使いください。

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、家賃収入を得ている、または不動産賃貸業に携わっている日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民
4、公的家賃補助制度を経済学的に深く考察してみたい日本国民

====加筆修正予定====
本書は不完全な状態で出版されました。
誤字脱字のご指摘や内容に関する批判等は下記メールアドレスまで
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com
現在、大規模改修中。

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】約13,000字

ロシアを対中牽制のために利用するには

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~~~以下はスプートニクより~~~~~~~
https://jp.sputniknews.com/opinion/201712154385622/
日本がロシアに見出すのは戦略的な関係、或いは脅威をもたらす存在か
2017年12月15日 21:50(アップデート 2017年12月15日 22:12)

2018年の露日交流年で開催される300行事のうち、27の行事は両国の防衛機関によるもの ― ロシア軍のヴァレーリ・ゲラシモフ参謀総長は今週の訪日時に明かした。防衛関連行事として軍艦の相互寄港や研修交流、軍記念行事などが予定されているという。

ロシア軍参謀総長の訪日が実現したのは7年ぶり。両国防衛当局間の関係は、今年3月の外務・防衛閣僚協議(2+2)以来、改善を見せている。閣僚協議終了後、セルゲイ・ショイグ国防相は協力の凍結は誰にも利益をもたらさないと指摘し、ロシアは「関係回復のための建設的な作業」を進める用意があると話した。その後11月にはロシア陸軍総司令官のオレグ・サリュコフ上級大将も日本を訪れた。

防衛関係回復の中でも、特に海上協力に関することが決められた。ゲラシモフ参謀総長と自衛隊の河野克俊統合幕僚長との会談では、共同海上救助作戦の継続が協議されたほか、事故に遭った潜水艦の捜索に関する政府間合意を日本と共に作成していく意向をロシア側が示した。この政府間合意によって、潜水艦捜索や乗組員救助作業を規定する法的な仕組みが成立し、一刻を争う現場での時間を大幅に減少できる。

その一方で、ロシア軍幹部の日本訪問の背景には地域情勢の緊迫化があることにも触れるべきであろう。11月29日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は弾道ミサイル発射実験を行った。そして先週は2日間にわたる日米韓3カ国の海上演習で、北朝鮮のミサイルを想定した探知訓練が行われた。しかし日本が憂慮するのは北朝鮮だけではない。ロシアは昨年、地対艦ミサイル「バスチオン」と「 バル」を南クリル(北方領土)の択捉島と国後島に配備しており、今後は更に千島列島中部のマツア(松輪)島と同北部のパラムシル(幌筵)島にも配備する計画が報じられている。この地対艦ミサイル配備についてロシアは、海峡の管理や船舶航路の護衛、太平洋艦隊の安定的な戦略的軍事力向上を目的とする統一沿岸防衛システムを極東地域に創設するためだと説明している。

これらの状況を踏まえればロシアと日本の防衛当局の関係は極めて重要であると、 極東研究所日本調査センターのヴァレーリ・キスタノフ所長は指摘する。
「日本はロシアの南クリルでの防衛強化や露中の軍事的接近に懸念を抱いている。一方のロシアは、日本が北朝鮮に対抗するためとして軍事的な潜在性を高めている点を強く警戒している。日本は、戦闘機搭載用巡航ミサイルの米国からの購入や、地上配備型の弾道ミサイル迎撃システム『イージス・アショア』の導入を予定し、また高高度防衛ミサイル(THAAD)の国内配備も検討している。これらは全てロシアや中国にとって脅威となり得る。だからこそ、(露日)両国の防衛当局間の接触によって、緊張を排除することはないにしても、それぞれの懸念を表明し立場を明確に伝えることは可能だ」

今年11月にモスクワを訪問した河野太郎外相は、出発前にRIAノーボスチ通信社のインタビューに応じ、「日露関係は、無限の可能性を秘めた二国間関係である。二国間関係の潜在力を現実のものとし、日本とロシアが真の戦略的な関係を構築することは、アジア太平洋地域だけでなく、国際社会全体の利益である」と述べた。これを言葉どおりに受け取り、喜ぶこともできただろう。だが日本では今月19日に『イージス・アショア』の導入が閣議決定される方針だ。先日のティラーソン米国務長官による「前提条件なしで北朝鮮と対話する用意がある」という発言が、日本政府の方針に何らかの影響を与えるとは考えにくい。
~~~~~~以上はスプートニクより~~~~~~

いろいろ言いたいことはございますが2点ほど。
1、我が国日本がミサイル防衛を強化することが中露両国に対する脅威なのか
2、北方領土において、ロシアが地対艦ミサイル配備をすることが日本に脅威を与えるのか


1に関して説明します。

ミサイル防衛とは、配備国が仮想敵国からミサイル攻撃を受けた場合に迎撃するものであり、
仮想敵国の軍事施設や都市を攻撃するものではございません。

また、迎撃対象がミサイルではなくて航空機だったとしても、制空権を奪われないために、
受身的に迎撃するものであり、純粋に攻撃目的というわけではありません。

したがって、ミサイル防衛の強化が中露両国の脅威であるという主張は到底受け入れられるものではございません。「一方的にミサイル攻撃によって蹂躙できなくなるじゃないか」という不満を上手く言い換えているだけと認識するべきでしょう。

2について説明します。
北方領土に地対艦ミサイルを配備するのは明確に我が国日本に対する敵対行為であり、脅威を与える行為です。
そもそも我が国日本固有の領土に何故ロシアのミサイルが配備されなければならないのか、この点に憤りを感じなければ愛国者とは言えますまい。

しかも、地対艦ミサイルということは北方領土周辺を航行する日本の護衛艦が標的ということでしょう。
これが脅威でなくて何が脅威なのでしょうか。
悔しさが湧き出てくるようです。

ただ、そんなロシアよりも厄介な敵国が存在します。
中国です。
その中国と戦略的パートナーシップ関係なのがロシアです。

対中軍事衝突時にロシアからの奇襲攻撃を受けてしまった場合、
我が国日本は窮地に陥ることは必至です。
北海道の北半分は戦略的に放棄するということも絵空事では無くなります。

それだけは何としても回避しなくれはならず、可能であれば、好意的中立を獲得したいのです。
中東からの原油や天然ガスの輸入が困難になりますので、ロシアからの輸入を増やすという選択肢を保持したいですし、中国への原油及び天然ガスの輸出を禁止してもらうよう取り計らってもらいたいのです。

ロシアは日本にとって脅威であり、戦略的関係でもあります。
どのような態度でロシアと接していくのか、今後も見守りたいと思います。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

facebookを始めました。お気軽に友達申請してください。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓
https://www.facebook.com/rebelbushi
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


Instagramを始めました。フォローよろしくお願い致します。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓

https://www.instagram.com/rebelbushi/
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


家賃半額: 公的家賃補助制度導入論
家賃半額
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
公的家賃補助制度に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
諸外国の家賃補助制度について学ぶことができる
公的家賃補助制度を導入する際に留意しなければならないことが理解できる
地方自治体の家賃補助制度の仕組みがわかる
生活保護と公営住宅との関係を学ぶことができる

◆用法・用量◆
目に留まったならば、すぐにお買い求めください。
一日一回、隙間時間を利用して、お読みください。
公的家賃補助制度について学びたいという熱がない方はご使用をお控えください。
用法・用量を守り、正しくお使いください。

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、家賃収入を得ている、または不動産賃貸業に携わっている日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民
4、公的家賃補助制度を経済学的に深く考察してみたい日本国民

====加筆修正予定====
本書は不完全な状態で出版されました。
誤字脱字のご指摘や内容に関する批判等は下記メールアドレスまで
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com
現在、大規模改修中。

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】約13,000字

北朝鮮人民軍の欺瞞工作かもしれない

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~~~以下はスプートニクより~~~~~~
https://jp.sputniknews.com/asia/201711024241054/
韓国へ亡命の元高官、北朝鮮の対米戦略を明らかに
2017年11月02日 08:30(アップデート 2017年11月02日 12:45)

在英朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)大使館で公使を務め、2016年に韓国へ亡命した太永浩(テ・ヨンホ)氏は1日、米議会下院の公聴会で証言し、米国が北朝鮮に対して譲歩した場合、在韓米軍の撤退につながり、韓国の体制が崩壊すると金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が確信しているとの見方を示した。NHKが伝えた。

太氏は北朝鮮が、ベトナム戦争で米軍が南ベトナムから撤退したことが体制崩壊につながったことを研究していると明らかにした。太氏によると、米国を核兵器で攻撃する能力を獲得できれば、米国は譲歩を迫られ、最終的には在韓米軍が撤退し、韓国の体制崩壊が実現できると金正恩氏は確信しているという。

また、太氏は「軍事境界線に配備された北朝鮮の部隊は、砲撃音が聞こえたら上官の命令無しにミサイルの発射ボタンを押すように訓練されている」と述べた。
~~~~~~以上はスプートニクより~~~~~~

>>太氏によると、米国を核兵器で攻撃する能力を獲得できれば、米国は譲歩を迫られ、最終的には在韓米軍が撤退し、韓国の体制崩壊が実現できると金正恩氏は確信しているという。

この話の信憑性を疑ってしまいます。
金正恩がそこまで馬鹿とは思えませんが。

>>軍事境界線に配備された北朝鮮の部隊は、砲撃音が聞こえたら上官の命令無しにミサイルの発射ボタンを押すように訓練されている

奇襲攻撃を受けた場合は、上司の判断を待たずして反撃するということのようです。
不意遭遇戦を想定した取り決めなのでしょう。
よく練兵されているようですね。北朝鮮人民軍は侮り難い。

元高官による欺瞞工作のように思えてなりません。
もっと精密な情報を出してほしいです。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

facebookを始めました。お気軽に友達申請してください。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓
https://www.facebook.com/rebelbushi
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


Instagramを始めました。フォローよろしくお願い致します。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓

https://www.instagram.com/rebelbushi/
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


家賃半額: 公的家賃補助制度導入論
家賃半額
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
公的家賃補助制度に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
諸外国の家賃補助制度について学ぶことができる
公的家賃補助制度を導入する際に留意しなければならないことが理解できる
地方自治体の家賃補助制度の仕組みがわかる
生活保護と公営住宅との関係を学ぶことができる

◆用法・用量◆
目に留まったならば、すぐにお買い求めください。
一日一回、隙間時間を利用して、お読みください。
公的家賃補助制度について学びたいという熱がない方はご使用をお控えください。
用法・用量を守り、正しくお使いください。

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、家賃収入を得ている、または不動産賃貸業に携わっている日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民
4、公的家賃補助制度を経済学的に深く考察してみたい日本国民

====加筆修正予定====
本書は不完全な状態で出版されました。
誤字脱字のご指摘や内容に関する批判等は下記メールアドレスまで
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com
現在、大規模改修中。

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】約13,000字
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持ちました。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『皇統論批判(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きな映画:サマーウォーズ、紅の豚、聲の形、300など。

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:ラーメン全般、そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
51位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR