【不倫】【文春砲】山尾志桜里議員が民進党を離党

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本当はこんなことは取り上げたくないのだが・・・

~~~~以下は産経ニュースより~~~~
http://www.sankei.com/affairs/news/170907/afr1709070040-n1.html
民進党の“ジャンヌ・ダルク” 識者「前原代表は、港の中で座礁」
2017.9.7 23:20

不倫疑惑報道を受け民進党に離党届を提出した山尾志桜里衆院議員(43)。待機児童問題で安倍晋三首相に弁舌鋭く切り込み、同党の“ジャンヌ・ダルク”と脚光を浴び、働く母親らの期待を背負う存在だったが、スキャンダルで裏切った格好になった。

 「待機児童の議論はこれからだったのに…」。政策課題の今後の影響について気をもむのは「保育園を考える親の会」の普光院亜紀代表。「多くの働く女性の期待を背負っていただけに非常に残念だ」と話した。

 漫画家の倉田真由美さんは「追及されるのが嫌で責任を果たさず逃げようとしたみたいだ」とばっさり。その上で「国会議員は疑惑が降りかかったとき、まず説明責任を果たさなければならない」と強調した。

 同党の前原誠司代表は、目玉人事として山尾氏の幹事長起用を検討していたが断念した経緯がある。政治アナリストの伊藤惇夫さんは「山尾氏という新しいスターの登場でプラス要因になるはずだったのに、マイナス要因になってしまった」と指摘。「前原代表は、港の中で座礁したような印象だ」と突き放した。
~~~~以上、産経ニュースより~~~~

本件に言及するにあたり、私の「政治家の不倫問題」に関する
基本的スタンスをお話します。

基本的には「そんなことより、政策議論を粛々と行うべき」というスタンスです。
仮に某国会議員が不倫していたとして、誰が困りますか?
某国会議員の奥様やご主人が困り、家庭崩壊ということもあり得ますが、
日本国民にとって被害を被ることはありません。

私的問題を公的な議論に持ち出すのはよろしくないと思います。
私のように、政局や他人のプライベートに対する興味関心が非常に薄い人間であれば
私の基本的スタンスに共感いただけるのではないでしょうか。


さて、今回の山尾議員の離党に関してですが、
やむを得ないが、残念極まりない」というのが率直な感想です。
同議員に関しては、ガソリンの件や日本死ねの件で様々な批判がございます。

もちろん、そういった批判に関しては真摯に反省してほしいですし、
インターネットユーザーの諸氏による徹底的批判は盛大に行ってほしいと
考えております。

ただ、皇位継承の問題や譲位の問題といった
皇室関連での活躍は実際に山尾議員からお話を伺ったことが
ございます。

詳細は伏せますが、素晴らしいことこの上ございませんでしたよ。
皇室が消滅する危機的状況において、これほどの人物を
失うのは我が国日本の国益という点でも損失具合は計り知れないでしょう。


女系天皇公認のための皇室典範改正は遠くなりました。
それすなわち、皇室消滅が促進されたも同義なのです。

上記を踏まえて、もう一点だけ言及したいことがございます。
本人はお相手の弁護士との男女の関係を否定されていますが、
男女の関係を疑われてもおかしくない行動ではございました。

脇が甘いとしか申し上げることができません。
記者会見でも、原稿を読み上げるだけでした。
悪い会見とは言いませんが、説明責任が果たされたとは
言い難く、かつて某自民党議員の不倫問題を手厳しく
批判していた人間とは思えません。

苦言を呈したいと思います。

山尾議員の記者会見動画


以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

facebookを始めました。お気軽に友達申請してください。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓
https://www.facebook.com/rebelbushi
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


Instagramを始めました。フォローよろしくお願い致します。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓

https://www.instagram.com/rebelbushi/
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄附します。2017年8月下旬に第3弾の寄附を行う予定です。どのような形で寄附するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
第一弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-766.html
第二弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-1011.html
◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
現在第6版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

中国牽制のために日本ができること~漁港や魚市場の建設篇~

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

久々のブログ更新でございます。

【近況報告】
最近、ツイッターとフェイスブックでの情報収集活動を
活発化させています。

これは言及せねばならないことが山のように出てきました。
細々とではございますが、ブログを更新できればと考えております。

【コメント御礼】
拙ブログにコメントくださった方に厚く御礼申し上げます。
特にチャロチャロ氏には感謝の気持ちで一杯です。

【本題】
久々に中国牽制の話題です。

~~~~以下は朝日新聞より~~~~~
http://www.asahi.com/articles/ASK965VYLK96UHBI02P.html
南シナ海の島に魚市場 日本、中国牽制で建設支援
ジャカルタ=古谷祐伸
2017年9月6日20時03分

インドネシアを訪問中の和泉洋人首相補佐官は6日、同国のスシ海洋水産相と会談し、両国が合意していたインドネシアの離島開発や水産業振興への日本の支援の具体案として、中国が広域に領有権を主張する南シナ海にあるインドネシア領ナトゥナ諸島で漁港や魚市場の建設を来年にも始めることを確認した。

 ナトゥナ諸島の排他的経済水域(EEZ)は、中国が領有範囲だと主張する「九段線」と一部が重なり、中国側とのあつれきが生じている。日本には同諸島の開発に力を入れたいインドネシア政府を支援することで、中国を牽制(けんせい)する狙いがある。

 具体的な協力案として、水産物を離島から主要港へ運ぶ船や漁業監視船の建造、海洋データ観測における日本の衛星技術の活用なども挙げられた。

 両国は昨年12月、インドネシアの海洋立国化を支援するために閣僚級で話し合う枠組み「日本インドネシア海洋フォーラム」を発足させ、海洋における安全保障や産業育成の協力について話し合ってきた。(ジャカルタ=古谷祐伸)
~~~~以上、朝日新聞より~~~~~

中国様を崇め奉る朝日新聞がよくここまでしっかりとした記事に
してくれたものです。感謝申し上げたい。

>>具体的な協力案として、水産物を離島から主要港へ運ぶ船や漁業監視船の建造、海洋データ観測における日本の衛星技術の活用なども挙げられた。

>>ナトゥナ諸島の排他的経済水域(EEZ)は、中国が領有範囲だと主張する「九段線」と一部が重なり、中国側とのあつれきが生じている。日本には同諸島の開発に力を入れたいインドネシア政府を支援することで、中国を牽制(けんせい)する狙いがある。

こういったことを積極的に行えるというのは素晴らしいです。
これは間接的に北朝鮮への圧力にもなります。

北朝鮮を影で援助しているのは中国です。
その中国を締め上げることができれば、間接的に北朝鮮へ圧力を加えることができます。

そして、中国の侵略的な海洋進出を食い止めることにもつながります。
東南アジア諸国を上手く利用しながら、我が国日本の国益につなげていただきたいと思います。

我が国こそがアジアのバランサーであることを証明しつづけていただきたい。
切にそう願います。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

facebookを始めました。お気軽に友達申請してください。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓
https://www.facebook.com/rebelbushi
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


Instagramを始めました。フォローよろしくお願い致します。
↓↓↓URLはこちらになります↓↓↓

https://www.instagram.com/rebelbushi/
↑↑↑URLはこちらになります↑↑↑


モッピー!お金がたまるポイントサイト
究極の空き家対策: 政府の手で空き家を駆逐せよ
究極の空き家対策

以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
空き家問題に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
空き家問題の全体像を把握することが可能となる。
空き家問題に関する政府及び地方自治体の対応を把握することが可能となる。
空き家問題に対して、どのように対処するべきか解決策を理解することが可能となる。
空き家問題が日本経済を蝕む大問題と理解することが可能となる。

◆用法・用量◆
目に留まったならば、すぐにお買い求めください。
一日一回、隙間時間を利用して、お読みください。
空き家問題をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えください。
用法・用量を守り、正しくお使いください。

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、空き家問題に対して、具体的に何から考えるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民
4、空き家を経済学的に深く考察してみたい日本国民

====加筆修正予定====
本書は不完全な状態で出版されました。
2017年3月27日に第2回改訂作業終了。
現在第3版。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】約2万字

FacebookとInstagramのアカウントを作成し、ブログと連動させた

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以前の記事で、インスタグラムとフェイスブックを始めると書きましたが、
意外と簡単にアカウントを作成することができました。
ブログとの連動も意外と簡単でした。

インスタグラムとフェイスブックはやや政治経済的なことから離れたことを
発信できればなと考えております。
政治経済的なことをベースにしつつも、楽しいこと、ほっこりすること
かっこいいことを少しでも発信していければと思います。

そうでないと精神的につらいですからね(笑)。
私自身の精神的ゆとりのためにも継続できればと考えています。

とりあえず週一で継続できればと思います。
本格的にご紹介するのは後日とさせてください。
今年中には何とかご紹介できればと思います。

未だに使いこなせない機能があったりして、
勉強中なのです。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ
モッピー!お金がたまるポイントサイト

家賃半額: 公的家賃補助制度導入論
家賃半額
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
公的家賃補助制度に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
諸外国の家賃補助制度について学ぶことができる
公的家賃補助制度を導入する際に留意しなければならないことが理解できる
地方自治体の家賃補助制度の仕組みがわかる
生活保護と公営住宅との関係を学ぶことができる

◆用法・用量◆
目に留まったならば、すぐにお買い求めください。
一日一回、隙間時間を利用して、お読みください。
公的家賃補助制度について学びたいという熱がない方はご使用をお控えください。
用法・用量を守り、正しくお使いください。

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、家賃収入を得ている、または不動産賃貸業に携わっている日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民
4、公的家賃補助制度を経済学的に深く考察してみたい日本国民

====加筆修正予定====
本書は不完全な状態で出版されました。
誤字脱字のご指摘や内容に関する批判等は下記メールアドレスまで
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com
2017年12月31日に第2版出版予定。

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】約13,000字

今考えている行動計画

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【最近のブログ記事を分析してみた結果】
最近はブログ更新が滞っており、何とか挽回するためにも、
最近のブログ記事を分析してみましたら、
なんとIT関係の記事がそれなりに支持を得ていることがわかりました。

今後の方向性が見えてきたような気がします。
IT関係の勉強というのは本当に難しいのです。

まず、どこから学べばいいのかわかりませんし、
学んだ知識がどこまで役に立つのかわかりませんので、
モチベーションが保ちづらいのです。

私のようなポンコツITエンジニアでもわかるような記事を
今後はUPできればと考えております。

【今後の発言力拡大のための大戦略】
長期的な私の発言力拡大のために戦略を考える必要が出てきました。

今後、少なくともインターネット上では私の発言力を高めなければ、
現実の政治に影響を及ぼすことはできません。

そのためには身近なところから始める必要があるのではないかと考えました。
千里の道も一歩からと思ったのです。

まず、ホームページとインスタグラムとFacebookを開始するべきだと思うのです。
私の発言を聞き、私の意見を参考に物事を考えてくれる人々を少しでも
増やすために、できることからやってみようと思うのです。

また、FC2ブログとAmebaブログを改造することにも着手できればと思いました。
HTMLやCSSの勉強にもなります。
何とか頑張りたいと思います。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
究極の空き家対策: 政府の手で空き家を駆逐せよ
究極の空き家対策

以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
空き家問題に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
空き家問題の全体像を把握することが可能となる。
空き家問題に関する政府及び地方自治体の対応を把握することが可能となる。
空き家問題に対して、どのように対処するべきか解決策を理解することが可能となる。
空き家問題が日本経済を蝕む大問題と理解することが可能となる。

◆用法・用量◆
目に留まったならば、すぐにお買い求めください。
一日一回、隙間時間を利用して、お読みください。
空き家問題をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えください。
用法・用量を守り、正しくお使いください。

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、空き家問題に対して、具体的に何から考えるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民
4、空き家を経済学的に深く考察してみたい日本国民

====加筆修正予定====
本書は不完全な状態で出版されました。
2017年3月27日に第2回改訂作業終了。
現在第3版。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】約2万字

家賃半額に関する問題意識

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】
終戦記念日に靖国神社に行けないのはツライ(>_<)

【本題】
本日はちょっと根源的なお話をします。
私が出版した「家賃半額」についてです。

なぜ本書を出版したのか
その理由と私が持っている問題意識に関して備忘録的に書きたいと思います。

経済とは「経世済民」のことであり、人々が豊かに安心して暮らせる世の中を実現することです。
これまで出版した著作物の中で、私は経済の目的を3つ挙げました。
完全雇用の実現
国民所得の最大化
一般物価の安定化


上記に間違いはないと今でも思っています。
ただ、これだけで十分なのかという問が私の中にありました。
特に国民所得の最大化に関しては2つのアプローチが必要なのではないかと
考えていたのです。

所得を増やすこと
生活費用を減らすこと


この2点が国民所得の最大化するためにやるべきことなのだと考えます。
三橋貴明氏を批判するわけではありませんが、
昨今のエコノミストは所得を増やすことを強調し過ぎるがあまり、
生活費用を減らすことを軽んじているのではないかと。


世の中にはどうしても働けない人もいます。
世の中にはどうしても働いても所得が増えない方もいます。
そうすると所得を増やす政策を実行しても、その政策効果が
行き渡らないということが起きるわけですよ。

であるならば、所得を増やす政策を実行しつつ、
生活費用を減らす政策を実行して、可能な限り日本国民全体を豊かにするべきです。

消費税廃止なんて典型ですよね。
生活費用の中には税金も含まれるわけですから、
生活費用を減らす政策です。

サラリーマンも自営業者も生活保護受給者も
日本国内で経済活動に関わっている人間であれば恩恵があるわけです。

ここで私はちょっと物事を深く考えてみました。
生活費用ってそもそも何か。

正確な定義ではないかもしれませんが、
私なりに書かせていただければ「人間が生きる上で支払わなければいけない支出の合計である」となります。

具体的には、家賃支払い(持ち家であればローン支払いも該当)、
食費、衣料品費、医療費、健康保険料、年金保険料、税金などです。

一般的な家計において、どの項目が生活費用の中で大きいと思いますか?
常識的に考えて、家賃支払い(持ち家の場合のローン支払い)であると思います。

したがって、その家賃支払い(持ち家の場合のローン支払い)をどうにかできれば、
日本国民の経済的豊かさというのは増進されるのではないかと。
究極的なことを申し上げれば、できるだけ広くて機能的な住宅にできるだけ安価で
借りるもしくは所有することができればいいのです。

早い話が家賃を半額にできないかなと考えました。
だから「家賃半額」という題名なのです。安直でしょ。

人気はないけど重要な問題なのです。
日本政府が正式に家賃補助を行うというのは。
2017年12月31日に第2版を出版予定です。
できれば2万字ぐらいにはしたいですね。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ
モッピー!お金がたまるポイントサイト

家賃半額: 公的家賃補助制度導入論
家賃半額
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
公的家賃補助制度に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
諸外国の家賃補助制度について学ぶことができる
公的家賃補助制度を導入する際に留意しなければならないことが理解できる
地方自治体の家賃補助制度の仕組みがわかる
生活保護と公営住宅との関係を学ぶことができる

◆用法・用量◆
目に留まったならば、すぐにお買い求めください。
一日一回、隙間時間を利用して、お読みください。
公的家賃補助制度について学びたいという熱がない方はご使用をお控えください。
用法・用量を守り、正しくお使いください。

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、家賃収入を得ている、または不動産賃貸業に携わっている日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民
4、公的家賃補助制度を経済学的に深く考察してみたい日本国民

====加筆修正予定====
本書は不完全な状態で出版されました。
誤字脱字のご指摘や内容に関する批判等は下記メールアドレスまで
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com
2017年12月31日に第2版出版予定。

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】約13,000字



プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR